ライター : riku_mama

6歳のヤンチャな男子を子育て奮闘中のママです!食が細く、好き嫌いの多い息子のために日々おいしそうなレシピを模索しています。パンが大好きで、小さなパン屋の製造補助をしながらmac…もっとみる

ピザの冷凍保存方法

生地を丸めたまま冷凍

ピザの生地を伸ばしたり焼いたりしている時間がないときには、ひとまず丸めたままで冷凍することができます。何枚分かをひとつに丸めるのではなく、1枚分ずつのサイズに分けて冷凍しておくと解凍にも時間がかかりません。 まず1枚分のサイズに分けたら空気をしっかりと抜きましょう。ラップにサラダ油やオリーブオイルを塗ってから生地を包みます。こうすることで、生地の乾燥を防ぎ、解凍したときにもラップから離れやすくなりますよ。最後に密閉できる保存袋に入れることもお忘れなく♪

生地を伸ばして冷凍

ピザの生地を作って生地を伸ばす時間があるときには1枚分ずつ伸ばして冷凍すれば、食べたいときに解凍するだけで具材をのせて焼くことができます。 こちらも丸めた生地同様、ラップにサラダ油かオリーブオイルを塗って伸ばした生地を包みましょう。そして密閉袋に入れてから冷凍庫に入れます。生地を伸ばしてから保存する場合は空気に触れる面積が広くなるので手早く生地を伸ばすことがポイントです。

焼いてから冷凍

時間があるときには何枚か空焼きして冷凍しておくと、食べたいときに具材をのせたら解凍もせずオーブンに入れて再度焼くだけなのでおすすめです。 生地を伸ばしたらフォークや爪楊枝などを使い、表面に小さな穴をいくつか開けます。このひと手間で、火の通りがよくなるのです。生地をできるだけ薄く伸ばしておくと、冷凍する時間も解凍にかかる時間も短縮できますね。 手順は簡単!200℃にオーブンを予熱しておきます。生地を7分程焼いてしっかり粗熱が取れたらラップに包んで冷凍庫に入れましょう。

冷凍ピザ生地の解凍方法

丸めて冷凍したピザ生地は食べる数時間前に冷凍庫から冷蔵庫へ移して自然解凍するのがおすすめです。レンジを使って解凍すると、熱が通ってしまったり解凍ムラができてしまいます。 生地を伸ばして冷凍したものや空焼きしてから冷凍したものは、わざわざ解凍する手間は要りません。冷凍庫から生地を取り出したら、ソースや具材をのせてオーブンでそのまま焼けば解凍されるからです。

冷凍ピザ生地の賞味期限

ピザ生地は丸めて冷凍したものが一番長く保存できて、賞味期限は約1ヶ月です。たくさん作っておくと来客があるときにも重宝しますね。 そして次に長く保存できるのが生地を伸ばして冷凍したものです。こちらは生地を伸ばすときに空気に触れているので1~2週間以内に食べるようにしましょう。 あらかじめ加熱しているので日持ちしそうなイメージの空焼きした生地は意外に日持ちはしません。具材に火が通ればすぐに食べられるメリットはありますが、冷凍庫にあることを忘れず1週間以内に食べるようにしましょう。

特集

FEATURE CONTENTS