ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

【温】讃岐うどんレシピ7選

1. だしのうまみを楽しむ「釜玉風うどん」

釜玉うどんはだしのうまみがダイレクトに感じられる食べ方。讃岐うどんのようにコシが強い麺にはしっかりとだしの効いたあごだしがぴったりですね。卵の黄身の濃厚な風味にご家庭にある薬味を足すことでいろんなテイストで食べることができます。

2. ひと手間かけて絶品の仕上がり「関西風肉うどん」

ていねいに作った肉うどんは、おだしをすべて飲み干したくなるおいしさ。コツは、肉を下ゆでして必ずあく抜きをすること。ネギとの相性も抜群で、たっぷりのお肉は男性やお子さんに大評判のうどんになること間違いなしです。

3. お酢とトマトで酸味が効いた「酸辣湯ニラ玉トマトうどん」

酸辣湯のスープにトマトやニラなど野菜を入れて卵とじにしたものをうどんの上にかけたとろみがたまらない中華風のうどんです。仕上げは一味ではなく挽きたて黒コショウをかけて食べてくださいね。さっぱり食べられますよ!

4. 根菜たっぷり「あったかけんちんうどん」

根菜をたっぷり使った讃岐うどん。味の決め手は米麹や昆布茶を使っておだしのうまみを深く仕上げていること。ネギの代わりに水菜が入ればさらに食感の違いも楽しめますね。寒い日にはおだしをたっぷり飲んで体がほんわか温まりましょう。

5. 体が芯から温まる「トロ玉本格チゲ鍋うどん」

しょうがやみそなど家庭にある調味料とコチュジャンやトウガラシ粉などがあればチゲ鍋のスープは思ったよりも簡単にできます。できたスープに肉や野菜をたっぷり入れて具沢山のうどんに。辛みの調整に卵を落として食べてくださいね。

6. オリーブオイルでイタリアンに「卵うどん」

オリーブオイルと卵に絡めて食べるつゆなしうどんです。フライしたニンニクチップと長ネギがうまみのポイント。糸唐辛子や枝豆がアクセントになりますよ!パスタ感覚で食べられるので、ランチやディナーにどうぞ。

特集

FEATURE CONTENTS