ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

賞味期限が長いのはゆで卵or生卵?

料理の材料として活用することが多い生卵とゆで卵。気になるのは、それぞれの保存期間の目安です。ゆで卵のほうが日持ちする印象ですが、どちらのほうが保存期間が長いのでしょうか。そこでこの記事では、気になる生卵とゆで卵、それぞれの賞味期限や保存方法について解説します。

ゆで卵の賞味期限は?

生卵に比べてゆで卵の賞味期限は短い

卵は主に「卵殻(卵の殻)・卵殻膜・卵白・卵黄」で構成されています。

そのうち卵白には「リゾチーム」という殺菌作用がある酵素が含まれていて、生卵の状態ではこの物質が細菌から卵を守ってくれます。しかし、リゾチームは熱に弱く、加熱によって殺菌作用が失われてしまうのが特徴です。

そのため、生卵よりも加熱処理をしたゆで卵のほうが、保存期間が短くなります。(※1,2)

殻をむく・むかないで日持ちに違いはある?

ゆで卵は殻をむいた状態よりむかない状態のほうが長持ちします。それは、殻をむいてしまうと空気やものに直接触れる機会が増えるから。殻をむいていない状態なら、冷蔵庫で3日ほど日持ちします。

また、すこしでも殻にひびが入ってしまうと菌が繁殖しやすくなります。安全のため、ひびが入ったゆで卵は食べるのを控えましょう。(※1,3)

冷蔵保存の目安と保存期間

殻つき……3~4日(固ゆでの場合)
殻なし……当日中
ひびが入ってしまったもの……食べるのを控える

ゆで卵の保存期間はゆで方や保存温度によっても異なります。固ゆでの場合でも、殻なしでは日持ちしないので、当日中に食べきるようにしましょう。(※3,4)

ゆで時間で変わる?

ゆで卵を日持ちさせたい場合は、ゆで時間を長めにして固ゆでにするのがおすすめです。半熟のゆで卵は火が十分に入っていないので、細菌が繁殖しやすく、腐りやすいので注意してください。

ゆで卵を数日間保存したい場合は、固ゆでにするようにしましょう。(※1,5)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ