ぶりのあらで作るぶり大根レシピ6選

7. ぶりのあらと大根のバルサミコ風味

和食の定番料理をおしゃれにアレンジしたい方は、バルサミコ酢を加えてみませんか?いつものように、お醤油やお砂糖と一緒にぶりのあらを加圧したら、最後にバルサミコ酢を入れて煮立たせてください。脂ののったぶりをさっぱりいただけますよ。ごはんだけでなく、パンにも合うぶり大根をぜひ試してみてくださいね。

8. アジアン風ぶり大根

こちらは豆板醤を加えたアジアン風のぶり大根。基本のぶり大根に加えるだけなので、手順は変わらず失敗なく作れますよ。ピリ辛味で、ますますごはんが進むこと間違いなし。ぶりのあらは血合いを取り除くように、熱湯をかけて下処理してから圧力鍋に入れてくださいね。仕上げにパクチーをたっぷり添えて召し上がれ。

9. ブイヤベース風ぶり大根

フェンネルやタイムなどのハーブをたっぷり使ったぶり大根は、ブイヤベースのようにいただけます。ぶりのあらと大根を白ワインと一緒に圧力鍋にかければ、豊かな香りがキッチンに広がります。コスパ抜群のぶりのあらがこんなにおしゃれにアレンジできるなら、ぜひ試してみたいひと皿ですね。

10. お鍋で作るダブル味噌のぶりあら大根

味噌味のぶり大根を、より本格的に味わうならコクのある赤味噌と甘みのある白味噌を合わせるのがおすすめです。奥深い味はしみじみおいしく、年配の方にも喜んでもらえそう。ぶりのあらはさっと湯どおししたら、弱い流水でやさしくこすり洗いをすると血合いがキレイに取れて雑味のないぶり大根に仕上がりますよ。 こちらのレシピは普通のお鍋で煮ているので、火が通ったら冷めるまで放置して味をなじませ、食べる前にお味噌を加えるとよりしっかりとした味わいになります。

11. ピリ辛ぶりあら大根

煮汁に鷹の爪を加えたぶり大根は、日本酒にも合うひと品。普通のお鍋で煮る時は、大根の中まで味がしみるように、あらかじめやわらかくなるまで下ゆでしてから煮汁に加えると良いです。ぶりのあらも湯どおしして臭みを取り除いておきましょう。鷹の爪の辛みがアクセントで、大人向けのぶり大根です。

12. ぶりのあらと大根のトマト煮

トマトソースで作るぶり大根もおすすめです。ぶりのあらは下ゆでしてソテーしてから煮るので、くさみがなく香ばしい味わいに。大根もゆでてあるので、煮込む時間は短くても大丈夫。イタリアンテイストのぶり大根は、いつもと違ったおいしさを堪能できますよ。

特集

FEATURE CONTENTS