ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

コストコでリピート買いしたい商品

Photo by akiharahetta

コストコの商品に見られる黒い「KIRKLAND SIGNATURE」マーク、これはコストコのプライベートブランドで、高品質な商品を可能な限り低価格にて会員に提供することを誇りに開発された製品なんです。 現在、アメリカでもっとも支持されているプライベートブランドとして認知されているそうです。多種多様なカークランドシグネチャー商品の中から今回ご紹介するのは「冷凍エビ」。コストコで注目の商品です。

カークランドシグネチャーの「冷凍エビ」

Photo by akiharahetta

KIRKLAND SIGNATURE 「冷凍生エビ21-25」」1,880円(税込)
コストコの「冷凍エビ」には生エビとむしエビがあり、それぞれに尾付きと尾なし、さらにサイズがあり、合計で6種類のバリエーション展開となっています。 「冷凍生エビ」 KIRKLAND SIGNATURE 冷凍生エビ21-25尾付き908g値段:1,888円 KIRKLAND SIGNATURE 冷凍生エビ31-40尾付き908g値段:1,558円 KIRKLAND SIGNATURE冷凍生エビ50-70尾なし908g値段:1,528円 「むしエビ」 KIRKLAND SIGNATUREむしエビ31-40尾付き908g値段:1,798円 KIRKLAND SIGNATUREむしエビ50-70尾なし908g値段:1,858円 KIRKLAND SIGNATUREむしエビ100-200尾なし908g値段:1,698円

Photo by akiharahetta

この数字は1ポンドあたりに入っているエビの数を意味しています。コストコの「冷凍エビ」は1袋あたり約2ポンド入っていますので、この数字の倍の数のエビが入っていることになるんですね。 この数が、大きければ大きいほどエビのサイズが小さくなりエビ数が多くなりますが、逆に数が小さいほど、サイズが大きく数は少なくなります。

どうして人気なの?

Photo by akiharahetta

人気の理由はどこにあるのでしょうか?大容量なのでコストパフォーマンスが高いのは想像できますが、それだけで選ばれるならほかのスーパーの商品でもいいはず。 じゃあ、使い勝手?味?答えはどちらもです。それに加え品質の良さもあげられます。調理しやすいうえに、臭みがなくて味がいいから人気なんですね。

量・コスパについて

Photo by akiharahetta

量はいずれの商品も908gで統一しており、サイズと下ごしらえ方法により、価格に違いがあります。その差は最大で320円で、サイズが大きいから高く小さいと安いわけではありません。 それでも、100gあたり165〜209円と一般的なスーパーよりも低価格になっています。

料理に使いやすいポイント

Photo by akiharahetta

コストコの「冷凍エビ」は下処理されているためすぐに調理ができ便利です。とくに背中が切り開かれて、背ワタがきれいに取り除かれているのが特徴です。 エビフライなど、まっすぐに伸ばして調理したい場合でも、腹側に切り込みを入れればいいだけなんです。

覚えておくとかなり便利!とっておきの解凍方法

Photo by akiharahetta

上手な解凍方法を知っておくと、料理するときにとても便利です。この方法なら、味を損なわず、エビならではのプリプリ食感を引き出すことができます。 生えび・むしエビどちらも使える方法で、まさにとっておきの解凍法なんです。ぜひ覚えて活用してみてくださいね。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS