ライター : IsFoodHealthLABO

I's Food & Health LABO.(アイズフードヘルスラボ) 管理栄養士、栄養士をはじめとした有資格者が所属する食と健康のエキスパート集団。EBN(Evidence Based Nutrition)の考え方を大…もっとみる

離乳食のきゅうりはいつから食べられる?

きゅうりは野菜なので、離乳食の初期から与えることができます。 ただし、初期に当てはまる5〜6ヶ月の赤ちゃんには、加熱をしてから与えましょう。皮も固いので、むいた上ですり下ろしたものを加熱して、とろとろのポタージュ状の状態からスタートすることが望ましいです。 生で食べられるようになるのは、9~11ヶ月になる離乳食の後期から。後期になると「歯ぐきでつぶせる固さ」のものが食べられるようになりますが、皮は固くて噛むことができないので、むいてあげましょう。(※1,2)

生のきゅうりを離乳食用で使うときのポイント

生で食べられるのは後期(生後9~11ヶ月ごろ)から

生のきゅうりが食べられるようになるのは、生後9~11ヶ月の離乳食の後期から。 赤ちゃんは、まだ歯が生えそろっていないため、歯ぐきで潰して食べられるようにしてあげましょう。 きゅうりの皮がついていると歯ぐきで潰せないので、皮を取り除き、5~8mm角ほどの大きさに刻んでください。手づかみ食べが始まるので、そのまま食べるときは、スティック状にしてあげるのもおすすめです。(※1,2)

加熱したきゅうりを離乳食で使うポイント

初期(生後5~6ヶ月ごろ)の調理のポイント

離乳食の開始は5〜6ヶ月から。この頃を「初期」といいます。離乳食の初期の段階では、きゅうりは加熱してからあげましょう。形状は、とろとろのポタージュ状から慣れたらヨーグルト状が目安です。 皮は固いので、ピーラーで皮をむいて、すり下ろしたものを加熱し、とろとろな状態になったものをあげてください。縦に半分に切ったきゅうりの中身をスプーンですくって取り出したものを加熱して与えるのでも大丈夫です。(※1,2)

中期(生後7~8ヶ月ごろ)の調理のポイント

生後7〜8ヶ月の赤ちゃんは、まだ歯で噛むことができないので、舌と上あごで潰して食べる時期。「中期」の離乳食は、絹ごし豆腐の固さが目安です。固いものはまだ食べらないため、きゅうりの皮は、取り除いて調理しましょう。 最初は、きゅうりを2~3mm角に細かく刻み、加熱したものをあげてください。食べにくそうであれば、さらにフォークの背などで細かく潰してあげると食べやすくなりますよ。(※1,2)
Photos:3枚
きゅうりをすり潰した離乳食がしずく型のお皿に入っている
お粥の上に具が載っている離乳食にプラスティックピンクの離乳食スプーンが添えられている
春雨の上にきゅうりが載っている離乳食が白いボウルに入っている
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS