すこしの工夫で様変わり。秋らしいお弁当を作るコツ

いよいよ涼しい秋の到来。食欲の秋というだけあって、おいしくて彩りのよい食材があふれる季節でもあります。そこでお弁当も秋らしいものになるようなアイデアをご紹介!ほんの少しの工夫で、きれいでおいしい「秋のお弁当」が作れますよ。いろいろなアイテムを使った実例集もお見逃しなく♪

2019年10月9日 更新

小道具も活用

抜き型、ピック、籠

Photo by akiyon

さらに上級に仕上げるには、小道具が活躍! もみじをイメージしたピックや自然素材の串、小さなかごなどを使うだけで、一気にお弁当が秋らしくチェンジします。

またもみじやいちょう、葉っぱの型抜きで、食材をくり抜くとより一層雰囲気がでますよ。

筆者が実践!「秋のお弁当」アイデア集

それでは秋の食材や便利なアイテムを使って作った、「秋のお弁当」をいくつか紹介していきましょう。夏とはまた違った色合いのお弁当作りは、作り手も楽しいもの。いろいろなアイデアを活かしてみましょう。

1. 秋の彩り「吹き寄せ弁当」

わっぱの吹き寄せ弁当

Photo by akiyon

葉が風で吹き寄せられたようなシーンを表現したのが「吹き寄せ弁当」。秋のお弁当としてまず思い浮かぶ、美しいお弁当です。たくさんの食材を使うので、きれいなだけでなく味わい深さも楽しめるんですよ。

このお弁当はごはんの上に鶏そぼろを敷き、ゆでエビや酢蓮根、さやえんどうなどを彩りよく散らしました。白だしで煮たにんじんや卵焼きをもみじの形に抜いて飾れば、秋の情緒を楽しめるお弁当の完成です。

2. 竹皮でおにぎり弁当

竹皮のうえに並べたおにぎりとおかず

Photo by akiyon

竹皮はそれだけでグッと落ちついた雰囲気がでます。昔なつかしい雰囲気も楽しめますよね。

さらに竹皮は、ごはんの水分を適度に保つ役割があるので、冷めてもおいしいおにぎりができます。

いつものおにぎりでもよいのですが、ここは秋らしく、さつまいものおこわとエリンギの混ぜご飯をおにぎりに。たまご焼きや漬物などのシンプルなおかずを添えるだけで、秋弁当のできあがりです!
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

akiyon

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう