すこしの工夫で様変わり。秋らしいお弁当を作るコツ

いよいよ涼しい秋の到来。食欲の秋というだけあって、おいしくて彩りのよい食材があふれる季節でもあります。そこでお弁当も秋らしいものになるようなアイデアをご紹介!ほんの少しの工夫で、きれいでおいしい「秋のお弁当」が作れますよ。いろいろなアイテムを使った実例集もお見逃しなく♪

2019年10月9日 更新

お弁当も秋らしくチェンジ

竹皮で包んだお弁当と紅葉した葉っぱ

Photo by akiyon

すこしずつ紅葉も始まり、季節は秋へ……。旬の食材もさつまいもや栗などが出回り、食卓もすっかり秋仕様へと変化していくころではないでしょうか?

毎日作るお弁当も旬の食材を使うだけで変わりますが、すこしの工夫を加えるだけでさらに “秋らしさ” がアップ!食べる人も作る人も楽しい「秋のお弁当」を作ってみませんか?

お弁当を “秋らしく” するコツ

あまりむずかしい作業はいりません。ちょっとしたコツやアイデアをご紹介しましょう。

旬の食材で、秋色を意識

籠に盛った柿、栗、さつまいも、きのこ、かぼちゃ

Photo by akiyon

秋は樹木が紅葉し、食材も彩り豊かです。秋の彩りを意識した色合いのお弁当にすると、夏とはまったく違った雰囲気を楽しめますよ。紅葉の赤、黄色、栗の茶色、柿やカボチャのオレンジ色などを中心とした色合いでまとめてみましょう。
味わいとしても、旬の食材を使うのが一番!秋が旬の野菜や果物、肉や魚などを使うと、自然と秋らしいお弁当のできあがりです。

お弁当箱を自然素材に

籠とわっぱのお弁当箱、竹皮

Photo by akiyon

秋のお弁当に似合うのは、自然素材のお弁当箱です。わっぱやかごのお弁当箱に加え、竹皮でおにぎりを包んでも雰囲気が出ますよ。また、紙素材のパックや菓子箱もお弁当箱として使えますよ。

軽くて持ち帰りにも便利なものを選べば、行楽弁当にもいいですね。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

akiyon

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう