温or冷どちらがお好き? 天ぷらうどんレシピ14選

天ぷらがのったうどんって、温かくても、冷たくてもおいしいですよね。今回は寒いときも暑いときもおいしい、天ぷらうどんのレシピを、温と冷に分けてご紹介します。体調が悪いときも、さらっとごはんを食べたい忙しい日も役立つレシピなので、バリエーションを知っておくと便利ですよ。

2019年10月3日 更新

5. カラフルでサクサク「かき揚げうどん」

玉ねぎ、にんじん、水菜で作る、カラフルなかきあげをのせた「かき揚げうどん」。ポイントは衣をサクッと揚げること。方法は水分を少なく、粉がダマになるくらいの衣だれにすると揚げ上がりがサクッとしますよ。天ぷらひとつなのに、華やかに見えるひと品です。

6. ちょっと豪華「秋のかき揚げ京風ヌードル」

銀杏、春菊、さつまいもといった秋から冬にかけて旬を迎えるお野菜をふんだんに使った「秋のかき揚げ京風ヌードル」。エビも加えて、旨味もたっぷり♪ ゆずの皮も添えるので、香りもいいひと品です。肌寒い秋の夜ごはんにいかがですか?

7. 秋の味「秋刀魚の天ぷらうどん」

秋の味「秋刀魚」の天ぷらをのせた「秋刀魚の天ぷらうどん」。うなぎの天ぷらは市販のものでも、生から手作りしても、蒲焼や缶を使って作ってもOK!スープは粉末で簡単に作りますが、うなぎの濃い旨味が染み出るので、濃厚で贅沢な味になりますよ。

【冷】天ぷらうどんレシピ7選

8. 夏のスタミナ付けに「肉天と夏野菜の揚げ冷やしうどん」

ボリュームたっぷりの豚コマの天ぷらで食べ応えバッチリ!カラフルな夏野菜の天ぷらものせて、彩りが食欲そそる冷やしうどんです。お肉、お野菜のバランスがいいので、夏バテ気味のときや、スタミナ不足のときに食べると元気が出そうですね。
2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう