簡単手作り!基本のパイ生地

90 分 生地を寝かせる時間含みません。

お家で作れる「基本のパイ生地」のレシピと作り方をご紹介します。薄力粉と強力粉を合わせて手作りする、サクサク食感のパイ生地です。バターをたっぷり折り込んだ生地はそのまま焼くだけでもおいしい!基本のパイ生地をマスターしてデニッシュやタルト、ミルフィーユなどを作ってみてくださいね♪

ライター : macaroni 料理家 えも

調理師

元料理教室講師。現在はmacaroniの料理家として活動しています。食べることとお酒を飲むことが大好き。お菓子作りとイタリアンが得意。

材料

(パイ皿20cm1台分)
  • 薄力粉 120g
  • 強力粉 80g
  • 60cc〜
  • 少々
  • 無塩バター 15g
  • 無塩バター(折り込み用) 100g
  • 打ち粉 適量

下ごしらえ

・材料はすべて使う直前まで冷やしておきます。
・水に塩を加えてよく溶かします。
・折り込み用のバターは12cm角になるように伸ばします。

作り方

1

ボウルにバターを入れて、薄力粉と強力粉をふるい入れます。ボウルの中でバターを細かく刻みます。

2

粉とバターをすり合わせます。全体が黄色っぽくなってきたら真ん中をくぼませ、水を加えます。

3

水にめがけて粉をかけながら全体を切るように混ぜます。

4

生地をひとまとめにし、深さ3cmほどの切り込みを十字に入れて、ラップで包み冷蔵庫で1時間休ませます。

5

台に打ち粉をし、めん棒で折り込み用のバターよりもひとまわり大きく伸ばします。

6

角をずらしてバターをのせ、空気が入らないように一辺ずつ包み、つなぎ目をしっかり閉じます。

7

打ち粉をしっかりとし、全体にめん棒を押し当てたら3倍の長さになるように伸ばします。刷毛で余分な打ち粉をはらい、三つ折りにします。

8

90度向きを変えて⑦の工程を繰り返します。表面をめん棒で軽く押さえ、生地を密着させたらラップに包み冷蔵庫で1時間休ませます。

9

⑦〜⑧を2回繰り返したら完成です。用途に合わせてお使いください♪

コツ・ポイント

・材料の温度をあげてしまわないよう、手早く作業してくださいね。 ・部屋の湿度によって水分の量が変わるので、少なめから加えて調節してくださいね。

管理栄養士からのコメント

この料理の栄養情報

・カロリー:1610kcal(全量) ・主な栄養素:糖質、脂質

ワンポイントアドバイス♪

パイ生地に薄力粉と強力粉を合わせて使用するのはサクサクとした食感に仕上げるためです。薄力粉だけだとコシが無く、伸ばすときも切れやすい生地になってしまいます。強力粉だけだとコシが強すぎて生地が伸びにくくなります。 材料を冷やしておくこともグルテンのコシを出にくくし、サクサクとした食感に仕上げるのに大切なポイントです。

特集

FEATURE CONTENTS