ライター : Mari

オリーブオイルソムリエ / 北海道フードマイスター

オリーブオイルの専門家でありつつ食材全般大好きな自営業・一児の母。身近な素材や調味料を使ってシンプルに、添加物少なめ頑張り過ぎない〝笑顔が見られるおうちご飯〟がモットー。毎…もっとみる

里芋の下処理(煮っころがし用)

Photo by mari.everydayolive

煮っころがしは、ころころとした里芋らしい見た目で仕上げて、日頃の食卓に気軽に取り入れたいメニューのひとつ。煮しめやお節料理のように綺麗な六方切りにする必要はないので、ぬめりの出ない皮むきさえ憶えれば初心者さんにも作りやすいですよ。なんとなく手が出せずにいた方も、ぜひ試してみてくださいね。

材料(4人分)

・里芋……580g(汚れと皮を取り除いて450g前後)

下処理用の塩水

・塩……小さじ1杯 ・たっぷりの水

里芋の下処理方法(煮っころがし用)

1. 里芋を洗い落って、しっかりと乾燥させる

Photo by mari.everydayolive

たっぷりの水で里芋の土をこするようにして洗い、キッチンペーパーで水気をしっかりと拭きザルにあげて3〜4時間しっかりと乾燥させます。乾燥させることで皮をむく時にぬめりが出ず扱いやすくなります。

2. 上下の硬い部分を切り落とし、皮をむき塩水にさらす

Photo by mari.everydayolive

ボウルに塩水を用意します。皮がしっかりと乾いたら初めに里芋の上下を切り落とし、全体に皮をむき塩水にさらします。

3. 洗って水気を切る

Photo by mari.everydayolive

ぬめりの出た塩水を流し、一度水で洗ってザルに上げ水気を切ります。

特集

FEATURE CONTENTS