作るときのコツ

・材料はあらかじめカットしておくと、炒める時にあわてず手際よく調理することができます。 ・バターは、有塩がない場合は無塩バターを使用してもOKです。 ・薄力粉は、よく炒めることでダマができにくくなります。 ・豆乳は、煮立たせてしまうと分離してしまうので、弱火でじっくり煮てください。

豆乳シチューのアレンジレシピ5選

1. 自然のやさしい甘さととろみの「カボチャの豆乳シチュー」

かぼちゃの甘みと旨味がスープに溶けでたほんのりやさしい甘さの豆乳スープレシピです。入れる具材もかぼちゃのほかにたっぷり入れていろんな野菜の栄養をおわんひとつで用意できます。レンジを使った時短調理で忙しくてもしっかりシチューが作れます。お子さんの離乳食としてもおすすめです。

2. スパイシーな味と香り「豆乳カレースープ」

スパイシーなカレーの香りがただよう食欲を刺激する豆乳スープレシピです。野菜やきのこに加えてアサリが入っているので、ほんのりシーフードの香りをひめた味わい深いスープです。夏バテやちょっと疲れが取れないな、という時におすすめのスープです。スープなので、忙しい朝の食事にもぴったり。

3. ごはんにもパンにも合う「とろみ豆乳+みそのシチュー」

味噌が入ったほっこりな仕上がりの豆乳スープレシピ。ごろごろ野菜をたくさん入れて具沢山のスープにしてしまいましょう♪味付けに鶏ダシを使っているので、ご飯はもちろんパンにも合うので朝食メニューにもぴったりです。

4. 酒粕の風味かおる「かぼちゃと酒粕の豆乳シチュー」

Photo by macaroni

酒粕でとろみをつけた豆乳シチューレシピです。かぼちゃがたっぷり入っているので、シチューもきれいな黄色で彩られています。シチューを口に入れると、かぼちゃの甘みと酒粕の風味がふわっと広がってくせになりますよ。

5. かぶがとろける「かぶと鶏肉の豆乳シチュー」

Photo by macaroni

じっくり煮込んだかぶがとろけるようにやわらかい、ほっこりする豆乳シチューレシピです。きのこと鶏肉がたっぷり入っていて、食べ応えもバッチリ。味噌とねりゴマで、上手にコクがプラスされたこっくりしたシチューです。たくさんの野菜と一緒にどうぞ♪

特集

FEATURE CONTENTS