料理初心者も上級者も必見!おすすめフライパン10選

料理を始めたい人やワンランク上のフライパンがほしいという人たちに、フライパン選びで知って得する、フライパンの材質とコーティングを詳しくご説明します。さらに、初心者さんと上級者さん向けのおすすめフライパンもお届けするので期待してください

2019年12月4日 更新

フライパンの材質

アルミニウム

アルミニウムで作られたフライパンは、軽くて持ちやすく、熱伝導率がよいのも特徴的。ちょっと手の込んだ料理や毎日、料理を作る人など上級者向けのフライパンです。

アルミニウムのフライパンは焦げ付きに注意が必要です。プロ向けのフライパンになるので、とてもデリケートなフライパンで扱いがむずかしく、特性をしっかり把握して使わないと頑固が焦げがついてしまう可能性もあるので注意してくださいね。

ステンレス

「丈夫でサビにくい」が最大の特徴です。いい物を長く使いたいならステンレス製がおすすめ。一度温まったら冷めにくい特徴があります。

この特性を活かし料理にこだわりがある人は、調理別に使ってみるのもいいかもしれません。じっくり火を通した食材を扱うときになど大活躍してくれるフライパンですよ。

焦げ付きには注意してください。また、重たいので女性よりも男性に適したフライパンだと思われます。

チタン

チタン製のフライパンは、傷つきにくく、サビにくい、衝撃にも強くとても軽い特徴があります。

熱伝導率は、ほかのフライパンに比べて若干、厳しいかなと思う部分もあるのですが、保温性にすぐれているので、厚みのあるお肉など、じっくり火を通す調理に向いています。

チタン製は、何より軽くて扱いやすいので女性でも負担にならずに使用することができます。ただし、焦げ付きやすいデメリットもあるので注意が必要です。

大切に育てて使いたい鉄のフライパン。使えば使い込むほど手にしっとり馴染み扱いやすくなりる、一生使えるフライパンでもあります。とても丈夫で優れた特性がある鉄のフライパン。手入れは一般的なフライパンと違うので注意が必要です。

鉄のフライパンは使い始め、使用前後のお手入れに手間がかかります。また、鉄はサビやすいのでしっかりお手入れは念入りに!

銅製のフライパンは多くのプロが愛用していることでも知られています。熱伝導率もピカイチ!食材にムラなく火が通り、また、サビにも強いフライパンです。

デメリットとして、重く男性向けのフライパンであること、デリケートな材質なので衝撃に弱く変形しやすい特徴があること。また、酢などを使う調理をすると、銅の成分が流れ出る場合があるので注意が必要です。
1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

emi_

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう