ローディング中

Loading...

扱いづらいイメージが強い「ステンレスフライパン」。今回はおすすめの商品から、基本の使い方、お手入れの仕方までステンレスフライパンに関する情報を網羅的にご紹介したいと思います。じつはきちんと使えば一生ものなんですよ!

一生使える「ステンレスフライパン」

毎日の料理に欠かせないフッ素樹脂加工のフライパンは、焼いたり、炒めたり、蒸したりと、さまざまな料理で手軽に使える調理道具のひとつです。しかし、使用頻度が高くなると、フライパンの焦げ付きや表面のフッ素樹脂加工が剥がれ、食材がくっついてしまう経験、誰しもあるのではないでしょうか。傷むたびに買い替え、新しいフライパンを新調するサイクルが短くなっている人もいるかもしれません。

一方ステンレスフライパンは、フッ素樹脂などの表面加工がない分、剥がれることがなく、いわば一生使えるフライパンなんです。丈夫で錆びにくく、また一度熱すると冷めづらいため予熱調理も可能です。

今回は、ステンレスフライパンの特徴から使い方、おいしく焼くコツや手入れ方法までご紹介します。ポイントを踏まえれば、きっと常備しておきたいフライパンになりますよ。

ステンレスフライパンとは

ステンレスフライパンは、高温の熱にも耐えられる頑丈さが一番の売り。ステーキやお肉料理をカリっと香ばしく焼き上げてくれます。一度熱すれば、保温効果は抜群で焼きムラなく調理することができるんです。野菜炒めを作れば、水っぽくならずに仕上がるのも特徴。また、中火の火加減で十分火を通すため、ガス代の節約にもなります。家計を預かる主婦には嬉しいメリットですよね。

そして、アルミのフライパンと比べて表面にフッ素樹脂加工をしていないため、空焚きをしても傷むことなく、長いこと使用できます。

ステンレスフライパンの基本の使い方

1. 温める(予熱)

コンロにステンレスフライパンをのせて、油をひかずそのまま3分〜4分ほど中火で温めます。(空焚き)

2. フライパンの温度を適温にする

中火で温めたら、適温になっているかどうか確認します。指を水につけ、フライパンの上で指を弾くように水を数滴ふりかけます。水がベチャっと広がるような状態であれば、まだ温めが不十分です。さらに温め続け、再び水をふりかけて水滴がコロコロ転がるようになればOK。適温に温められた証拠です。

3. 濡れ布巾の上で一度冷ます

濡れ布巾を用意し(濡れ布巾は固く絞らず、かなりベチャベチャな状態で準備します)、その上にフライパンを置いて温度を下げます。ジュワ〜っとする音に、最初はびっくりすると思いますが、慣れてきます。

野菜炒めや卵料理を作る場合は、必ず温度を下げてから調理しましょう。これを行わないと、食材が焦げ付いてしまう原因になります。お肉料理は、そのまま調理して問題ありませんが、温度が非常に高くなっているので、慣れないうちは濡れ布巾を用意して冷ます工程を挟みましょう。そうすれば、焦らず調理できます。

4. 調理開始

フライパンに水滴が残っている場合は、キッチンペーパーなどでふきとります。オイルを入れてフライパンに隙間なく馴染ませます(お肉料理は油は不要です)。再び中火にかけて、食材を入れたら動かさずにじっと待ちましょう。箸などでつつき、自然と食材が動いてはがれるタイミングがきたらひっくり返します。無理に動かしたり、はがそうとすると食材がくっついてしまい、焦げ付きの原因になるので、気をつけてくださいね。

5. 調理後の手入れ

味つけをして料理が完成したら、お皿にとります。フライパンはすぐに水につけて汚れを落としましょう。熱い状態で水につければ、簡単に汚れを落とすことができますよ。ステンレスフライパンは、温度変化にも強いフライパンです。

ステンレスフライパンで焼く料理レシピ

餃子

豚ひき肉、みじん切りのキャベツ、しょうが、酒、しょうゆなどで味付けした具材を餃子の皮で包みます。適温にしたステンレスフライパンに、油を馴染ませます。温度が高くなり過ぎたら、濡れ布巾で一度温度を下げましょう。

餃子を並べ、中火にかけます。最初はくっついて剥がれませんが、途中箸で少しつついてみて、自然と動くようになればきれいな焼き目がついていますよ。水を適量入れたらすぐに蓋をして弱火にし、蒸し焼きにします。水分がなくなれば、蓋をとり中火にし、パリッと焼き目が入れば完成です。

卵焼き

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

材料は2つ!最高のふわふわオムレツの作り方&失敗しないコツ

オムレツ レシピ

お店で出てくるとうれしいふわふわオムレツ。作るのは難しい、と思っていませんか?実はご自宅でも簡単に作ることができるんです。今回はふわふわのオムレツを作るコツと、アレンジレシピをまとめました。これができると、料…

本格も即席も!簡単「デミグラスソース」の作り方をマスターしよう

レシピ オムライス ハンバーグ グラタン

煮込むだけでできる、簡単なデミグラスソースの作り方をご紹介します。玉ねぎをしっかり炒めて作る本格デミグラスソースと、すぐにできる即席デミグラスソース。どちらも覚えておくと、いざというときにとても助かりますよ◎…

カルディからミスドまで大集合!ハロウィン限定のイチ押しフード12選♩

ハロウィン スイーツ まとめ

10月31日のハロウィンを前にハロウィン限定グッズやフード、スイーツなどさまざまな話題の商品が続々登場しています。そこで2017年注目のおすすめスイーツや人気フードなど、ハロウィンを盛り上げてくれる楽しいメニ…

最新女子会スポット!大阪・心斎橋「ザ バギー」でインスタをおしゃれに♩

おしゃれ

大阪心斎橋にある注目のダイニングバー「the buggy(ザ バギー)」は、オシャレな大人女子の間で話題のフォトジェスポットで、その中でも一番人気のフォトジェアイスがインスタでも続々アップされています。さて、…

スペイン風オムレツ「トルティージャ」のレシピ!簡単な作り方もチェック◎

スペイン オムレツ レシピ

まるでケーキのような「トルティージャ」。日本では、スペイン風オムレツ、スパニッシュオムレツなどの名前でも親しまれており、パーティーやおもてなしにもピッタリな料理なんです!今回は、基本のレシピや上手に作るコツを…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

貧血対策に!鉄分を多く含む食べ物とおすすめレシピ

まとめ

多くの女性の悩み「貧血」に効果的とされる鉄分を多く含む食べ物やレシピをご紹介します。料理をするのがめんどうという方向けにコンビニで購入できる商品もご紹介するので、最近クラっとすることが多いという方は参考にして…

ハッピーホルモン「セロトニン」を増やすおすすめ食材5選

まとめ

セロトニンという物質の名前を聞いたことはありますか?実はこの物質は体内で作ることができないため、食材から摂取しなければなりません。身体にとってとても重要で、精神状態も左右してしまう恐れがあるようです。食生活を…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

もう傷んでる…味噌汁の保存は冷蔵庫?保存容器も知っておきたい!

味噌汁を朝作ったはずなのに、夜にはもう傷んでいたという経験はありませんか。そんなときこそ正しい保存方法を知り、毎回捨てるなんていうもったいないことはやめましょう!今回は味噌汁の保存方法について詳しくご紹介しま…

フランス版・無限人参!? 基本の「キャロットラペ」の作り方

サラダ

フランスの家庭料理の定番「キャロットラペ」のレシピを紹介します。「ラペ」はフランス語で千切り、細切りなどを意味する言葉。にんじんを千切りにしてドレッシングで和えるだけ。たった3ステップで完成する簡単〈#おしゃ…

缶詰ビーツでOK!世界三大スープ「ボルシチ」の本格レシピ

ビーツ スープ

鮮やかな真紅色が目を引くボルシチは、ロシアやウクライナで広く親しまれている伝統料理。ビーツとたっぷりの野菜で作るボリューム満点の一皿です。今回は缶詰のビーツでもおいしく作れるレシピをご紹介。美しくておいしい#…

myan3

野菜が大好き、野菜ソムリエ。素材を活かしたレシピが好きで、食品スー...

ページTOPに戻る