料理初心者も上級者も必見!おすすめフライパン10選

料理を始めたい人やワンランク上のフライパンがほしいという人たちに、フライパン選びで知って得する、フライパンの材質とコーティングを詳しくご説明します。さらに、初心者さんと上級者さん向けのおすすめフライパンもお届けするので期待してください

2019年12月4日 更新

熱源

フライパンには、ガスコンロだけでなくIHやCHなどの熱源もあるので、購入したフライパンがどの熱源に対応しているか必ず確認してください。

ガス火専用

ガスコンロ専用のフライパンです。IHやCHなどで使えないこともないのですが、説明書通りに使うのがベスト。もし、IHやCHなどで使うと劣化が早くなる可能性があります。

IHヒーター

電磁誘導加熱の原理を利用した熱源です。IHヒーターのマークがある場合は、説明書通り、ガスではなくIHで調理しましょう。

オール熱電対応

オール熱電対応は、ガスでもIHでも調理できるマークです。フライパンを選ぶ際、将来的にキッチンをリフォームする、引越しを考えている場合は、オール熱電対応のマークがある物を選ぶのがおすすめです。

サイズ

フライパンには、14cmほどの小さなものから30cmほどの大きなものまでサイズがあります。 フライパンひとつで煮物から炒め物を作ったりできますよね。普段からどんな料理を好んで作っているのか把握するのもフライパン選びには重要になります。また、ひとり暮らし、ふたり暮らし、家族の人数に応じてフライパンのサイズを選ぶようにしましょう。

料理初心者におすすめのフライパン5選

1. ティファール グランブルー プレミア フライパン

ITEM

ティファール グランブルー プレミア フライパン

サイズ:27cm
材質:アルミニウム

¥2,479 ※2019年9月6日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
人気のティファール 。お使いになっている方も多いと思います。こちらは、グランブルー プレミアフライパンです。 5層のコーティングが施され、厳しいテストを合格した品質は、料理初心者さんも扱いやすくおすすめです。
3 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS