おすすめの鉄フライパン10選!特徴と使い勝手を徹底解説

プロが使用するフライパンといえば鉄が当たり前ですが、樹脂コーティングされたものに慣れた主婦にとっては、なんとなく使いづらいものですね。そんな鉄フライパンを上手に使いこなせるよう、特徴とメリット、デメリットを徹底解説!あわせておすすめの商品もご紹介します。

2019年12月2日 更新

ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

プロも使用する鉄のフライパンとは?

鉄のフライパンは1枚の鉄板を金型でプレスしたり、職人がハンマーで叩いて鍛造するタイプと、鋳型に溶けた鉄を流し込んで造る、鋳鉄製の2種類に大別されます。 いずれの鉄フライパンも高温調理に向いていて、餃子を焼いたり、炒め物を作ったりはもちろんのこと、煮物や揚げ物にも対応できるオールマイティな調理器具なんです。

鉄フライパンの特徴と使用するメリット

すぐれた熱伝導性と高温でスピード調理

樹脂コーティングのフライパンは表面の樹脂が剥がれるため、高火力を控えるという制約がありますが、鉄のフライパンにはそんな制限は必要ありません。 むしろ高温で調理できるため、炒め物などは水分を飛ばしながら、手早く仕上げられるのが利点。肉も外はほどよい焼き目がついて、なかはジューシーに焼くことができますので、最適なフライパンといえますね♪

半永久的に使える耐久性が一番のメリット

鉄フライパンの一番の利点がその耐久性。樹脂コーティングのものは使用するへらも樹脂製を使い、洗うのにも気をつけなければいけません。それでも何年かすると焦げつくようになり、買い替えるというパターンが多いですね。 その点、鉄のフライパンは金属のおたまで混ぜようが、たわしで洗おうがまったく問題なく、半永久的に使用できます。また鉄分が料理のなかへ溶けだすため、貧血気味の女性にはうれしい効果も期待できるのです。

鉄フライパン使用のデメリットと注意点

きちんと手入れをしないとすぐに錆びる

鉄を素材にしたフライパンですので、錆びが一番の大敵です。あとで洗おうと思って、シンクに溜めた水に浸けたままというのは絶対にNG!調理したあとは食材から水分が出て、フライパンに付着していますので、長時間放置することも避けてください。 料理が終わったらできるだけすみやかに洗って、再度空焼きして水分を飛ばすことを心がけましょう。フライパンが新しいうちは、常に油を引いておくことも大事な手入れ法です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS