暑い夏の必需品!かき氷のカロリーや糖質量はどのくらい?

暑くなると食べたくなる「かき氷」夏祭り定番のカラフルかき氷や、1000円以上するトッピングたっぷりのセレブ系かき氷も食べてみたい!さらに、かき氷巡りでいろんな味を味わってみたい!なんて方も多いはず。そこで気になる、かき氷のカロリーとダイエットに向き?不向きを徹底解説!

2019年9月5日 更新

アイスクリーム

普通脂肪アイス100g中に含まれるカロリーは180kcal、糖質は23.1gです 。 一般的にかき氷にトッピングされているバニラアイスはおおよそ150gなので、ややカロリーや糖質量は高くなることになります。

あんこ

つぶしあん100g中に含まれるカロリーは244kcal、糖質は48.3gです 。 宇治金時など和風かき氷に欠かせない「あんこ」は意外にもホイップクリームより糖質が高いようです。

かき氷のシロップはすべて同じカロリー!

じつは、お祭りで見かけるカラフルなかき氷のシロップが、すべて同じ味、同じシロップ、そして同じカロリーなんです。 なので、ダイエットをしている人は、シロップの種類よりもかける量を重視したほうが良さそうですね。

かき氷は食べ過ぎ注意!

のどごしサッパリ、口どけなめらか、原材料は水といえど、かき氷にかかっている甘いシロップには結構なカロリーと糖質が含まれていますよ。 毎年夏になると提供されるファミリーレストランのかき氷も、約200〜300kcal程度あり、白玉やあんこのトッピングを含めると400kcal以上になるものもあるので食べすぎには注意しましょう。

トッピングでカロリーは変わる!

口当たりが良いかき氷はトッピングするものによって、カロリーが大きく変わってくることがわかりましたね。ダイエット中の人は、トッピングはできる限り少なくしてかき氷を楽しんでみてはいかがでしょうか?
2 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS