マシュマロのカロリーって高いの?管理栄養士が教える食べ方の注意点

甘くてふわふわなおいしいマシュマロ。そもそもマシュマロは何からできているのか知っていますか?ダイエット中の人であれば、食べていいのかということも気になるところですよね。マシュマロのうれしい効果や食べ方の注意点について管理栄養士が詳しくご紹介します。

2019年9月2日 更新

ライター : ochiiii

管理栄養士

管理栄養士として高度急性期病院に勤務後、現在は病院とクリニックでの栄養指導に加え特定保健指導の実施、ライターとして活動中。 皆様の生活が豊かになる一助となれますように頑張り…もっとみる

マシュマロひと粒のカロリーは高い?

マシュマロのカロリーは100gあたり326kcalです。ひと粒で換算すると約3kcalです。 また、ほかのお菓子と100gあたりのカロリーを比べてみましょう。 チョコレート100gあたり558kcal ポテトチップス100gあたり554kcal こうして比較してみると、菓子類の中ではカロリーは低めと言えます。また、独特の食感のため、ほかの菓子より食べた後の満足感が高いところも良いですね。(※3)

マシュマロにも糖質は含まれているの?

マシュマロの糖質量は100gあたり79.3g。ひと粒あたり約26.4gの糖質が含まれています。 砂糖が多く含まれているため、約8割近くが糖質でできていることになります。 そのため、糖質量を気にしている人は、マシュマロを積極的に食べることはおすすめできません。数粒を少しつまむくらいという程度にしておきましょう。

マシュマロの原料は?

そもそも、マシュマロは何からできているかご存知ですか?マシュマロとは元々、フランスにおいてmarsh(沼地、湿地)に群生するmallow(あおい属の植物)の根からとれる粘りのある汁に、卵白や、砂糖などを加え味付けしたものをよく混ぜて作られた薬用食品に由来しています。 しかし現在ではよりやわらかく、より日持ちを良くするために改良され、主にゼラチンや砂糖や水飴、コーンスターチ、卵白などを固めて作られていますよ。(※1.2)

マシュマロから得られる効果は?

肌に潤いを与える

マシュマロに含まれるゼラチンの原料はたんぱく質からできています。マシュマロには、そのたんぱく質が100gあたり2.2g含まれています。 たんぱく質は分解されて吸収され、体内でコラーゲンやそのほかの組織の成分などに再構築されます。コラーゲンの生成にはビタミンCが必要になるため、レモンティーなどのビタミンCを多く含む食品を一緒に食べると効果的です。(※3.4)

マシュマロを食べるときの注意点は?

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS