ライター : riku_mama

6歳のヤンチャな男子を子育て奮闘中のママです!食が細く、好き嫌いの多い息子のために日々おいしそうなレシピを模索しています。パンが大好きで、小さなパン屋の製造補助をしながらmac…もっとみる

秋が旬の魚とは

秋はおいしい魚がたくさんあることをご存知でしょうか。魚は秋から冬にかけて冷たい水から身を守るために脂肪を蓄えるので、脂がのって一段とおいしくなる季節なのです。 今回はたくさんある中から、鯵、秋刀魚、鰹、鮭、鯖の特徴とそれぞれのおすすめレシピをご紹介していきます。ぜひ秋の味覚をお楽しみください。

魚の種類とおすすめレシピ

鯵(あじ)

鯵は昔から全国で馴染みのある魚です。味のよさから「鯵」いう名前が付いたのだとか……。 鮮度のいいものはお刺身で食べることができ、お寿司のネタとしても使われます。臭みやクセが少なく、塩焼きやフライ、干物などにしてもおいしく食べられますね。

1. なめろう風・鯵のたたき

新鮮な鯵が手に入ったらぜひ作っていただきたい、鯵のたたきです。鯵をひたすらたたいてきゅうりやミョウガ、大葉の上に盛れば完成!お酒のおつまみにもお茶漬けの具材としてもおすすめです。ショウガを加えるととっても爽やか♪

2. サクサク鯵フライ・梅肉ソース添え

外はサクサク、中はふんわりの鯵フライを作りましょう。梅干しを使った梅肉ソースはさっぱりで鯵フライにつけて食べるとごはんも進みます。小さなお子様にはタルタルソースでもいいですね。

3. カラフル野菜と小鯵の南蛮漬け

サイズが小さめの鯵の場合は、丸ごと油で揚げて南蛮漬けにしましょう。にんじんやピーマン、キクラゲなど彩豊かで栄養も満点!レモン汁を加えた南蛮ダレは爽やかで揚げた鯵ともよく合います。骨まで全部食べられますよ。

秋刀魚(さんま)

秋刀魚は、「サマナ」という細長い体の魚が、時が経つにつれて変化したと言われています。体が刀のような形をしている秋の魚ということで「秋刀魚」という漢字が当てられました。 秋刀魚の主な漁場は北海道根室沖から三陸沖を経て銚子沖の太平洋沿岸です。秋刀魚も鯵同様、お刺身で食べることができ、塩焼きや蒲焼きなどもおすすめ。また洋食で使われることもあります。
Photos:16枚
鰺フライと付け合わせのレタス、ミニトマト、スパゲティ。
生の鯵を細かく切り、ネギと合わせ、きゅうりやミョウガの上に盛ったひと品。醤油をつけていただく。
三枚におろした鯵に衣をつけて揚げ、醤油や梅干しで作った梅肉ソースでいただく。
小鯵に小麦粉をまぶして油で揚げ、にんじんやピーマンとお皿に盛り、だし汁や酢で作った南蛮ダレをかけたひと品。
あらかじめ焼いておいた秋刀魚、栗、お米を土鍋で炊いたごはん。すだちをしぼっていただく。
塩をふったサンマをグリルで焼き、大根おろしとすだちをしぼっていただく。
小麦粉をまぶした秋刀魚を油で揚げ、醤油や砂糖で煮詰め、最後に山椒を振った蒲焼き。
鰹の表面をフライパンで焼き、ミョウガや大葉と一緒に盛った鰹のたたき。
鰹のたたきにみじん切りにしたトマトやパプリカ、きゅうりなどをオリーブオイルらレモン汁と混ぜたソースをかけたひと品。
醤油とごま油に漬けた鰹をごはんの上に刻みのりとともにのせた丼。
鮭、しめじ、玉ねぎを合わせみそやみりんや砂糖に漬けて焼いたしっかり味のちゃんちゃん焼き。
鮭、しめじ、アスパラを炒め牛乳と生クリームで煮立たせ、硬めにゆでたパスタを絡めたクリームパスタ。
鮭のムニエルにみじん切りにしたアボカドと玉ねぎ、レモンペーストを混ぜたソースを添えたひと品。
トースターで焼いた鯖、大葉、ガリ、酢飯の順にのせてラップで巻いて成形した鯖寿司。
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS