ライター : Uli

webライター

具は2種類だけ。サラダチキンのシンプルサンドイッチ

Photo by Uli

調理時間 25
フリルレタスのフレッシュなシャキシャキ食感と、しっとりやわらかいサラダチキンの旨味が際立つサンドイッチです。サラダチキンをたっぷり入れるので食べごたえがあり、ほのかな酸味が絶妙なマヨネーズベースのソースともよく合います。

パンは香ばしくトーストしておくのもおすすめ。水っぽくなるのを防ぐコツや、食パンと具材をなじませるポイントをおさえて作ってみてください。

材料(1~2人分)

Photo by Uli

  • 食パン(8枚切り) 2枚
  • サラダチキン 約100g
  • フリルレタス 4~6枚
  • バター(有塩) 約10g
  • ソース
    • マヨネーズ 大さじ1と1/2杯
    • 穀物酢 小さじ1杯
    • 砂糖 小さじ1/2杯
    • ふたつまみ
    • 黒こしょう 適量

コツ・ポイント

  1. フリルレタスの水気をキッチンペーパーで拭く
  2. 食パンの片面にバターを塗る
  3. ラップでぴったり包んでしばらく置いてから切る
  4. プレーン以外のサラダチキンでアレンジする
  5. お好みの具材を入れる
サンドイッチが水っぽくなるのを防ぐため、フリルレタスの水気をキッチンペーパーで拭き、食パンの片面にバターを塗っておくのがコツです。具材と食パンがなじむように、ラップでぴったり包んで15分ほど置いてから切りましょう。

カレー味やハーブ味のサラダチキンで作ってもおいしいですよ。粗く潰したゆで卵やスライスしたトマトなど、お好みの具材を入れるアレンジもお楽しみください。

下ごしらえ

具材の準備をする

準備した具材が並ぶ木製テーブル

Photo by Uli

・バターは常温に戻してやわらかくする、もしくは電子レンジ500Wで10秒加熱して練っておく ・フリルレタスは洗ってキッチンペーパーで水気を拭く ・サラダチキンは6~7切れになるようにスライスする ・ソースの材料をすべて混ぜておく

作り方

1.食パンにバターを塗る

食パンの表面にバターを塗った様子

Photo by Uli

食パン2枚の片面にバターを塗ります。

2.具材を挟む

食パンに具材を重ねる様子

Photo by Uli

大きめにラップを切って食パンをのせます。食パンに半量のフリルレタス、半量のソース、サラダチキン、残りのソース、残りのフリルレタスを順にのせ、もう1枚の食パンで挟みます。

3.ラップでぴったり包む

サラダチキンのサンドイッチをラップで包んだ様子

Photo by Uli

すき間ができないようにラップでぴったり包み、そのまま15分ほど置きます。底が平らな軽めの重しをのせると、よりしっかりなじみます。

4.半分に切る

サラダチキンのサンドイッチを半分に切った様子

Photo by Uli

ラップごと半分に切って完成です。

いろんなソースやゆで鶏でも♪ チキンサンドのアレンジレシピ5選

1. マヨネーズベースの簡単だれで「ゆで鶏のエスニックサンド」

ナンプラーを使うはちみつ入りのエスニックだれが、甘じょっぱくてクセになります。レシピ中では調味料を使わずにゆでた鶏むね肉を使うので、市販のサラダチキンを使うときはたれの量を少しだけ減らしてもGOOD。スパイシーさを加えるために、おろししょうがを混ぜるのもおすすめです。

2. チョイ足し「ブロッコリースーパースプラウトとささみのわんぱくサンド」

スーパーフードとして注目されているブロッコリースーパースプラウトをわっさりと。シャッキリふわふわとした食感が楽しくて、モリモリ食べられます。調味料を使わずゆでた鶏ささみを使うので、市販のサラダチキンを使うときはお好みでソースの量を調整してくださいね。みそ入りのハニーマスタードソースがコク旨です。

編集部のおすすめ