食材にこだわればおいしさアップ!

Photo by uli04_29

シンプルなカルボナーラごはんは、素材の味がはっきり出ます。そのため、食材ひとつひとつにこだわるほど、おいしさもアップしますよ。 とくにチーズは、パルミジャーノ・レッジャーノを細かくすりおろして使うのがおすすめです。また、ベーコンの塩気でカルボナーラごはんの味わいが決まるので、ベーコンの種類にこだわってみてもいいですね。

カルボナーラ風リゾットのアレンジも

ひと手間かけて、リゾット風カルボナーラごはんにするアレンジもおいしそう。本格的な味わいと、牛乳のやさしい味わいを感じられるカルボナーラ風ごはんです。バターの芳醇な香りと、チーズ、卵黄の組み合わせが、たまらなく贅沢に仕上がりますよ。

こちらもおすすめ♪ 卵かけごはんの洋風アレンジ3選

1. チーズソースでカルボナーラごはん

チーズ好きな方に試していただきたいのは、チーズソースをたっぷりかけたカルボナーラごはん!レンジで簡単にできるチーズソースは、濃厚な味わいです。とろとろの濃厚チーズと卵を、ごはんにたっぷり絡めていただきましょう。

2. コンビーフたまごかけごはん

コンビーフで作る卵かけごはんは、がっつり食べたいときにぴったり。ごはんの熱でコンビーフの脂がじんわりと溶け、ごはんとよく絡みます。全体をしっかり混ぜて、思いっきりかきこめば、口いっぱいに幸せが広がりそう♪

3. 焼き卵かけごはん

卵かけごはんを焼けば、新しい卵かけごはんの魅力を発見できます!ごはん表面は卵に火が通ってかたまり、中は半熟状態の卵かけごはんになります。チーズの香ばしさと、焼かれたトマトの甘さも、同時に楽しむことができます。

カルボナーラごはんで簡単おしゃれな食卓を♪

いつもの卵かけごはんに少しアレンジを加えただけで、一気におしゃれな雰囲気が出るカルボナーラごはん。ベーコンと粉チーズがあれば、すぐに作ることができる手軽さも嬉しいポイントですよね。 カルボナーラごはんは朝食だけでなく、小腹がすいたときや、ひとりでサッと食べたいランチにもおすすめです。今回ご紹介した、基本のカルボナーラごはんレシピや、リゾット風、洋風卵かけごはんレシピを参考に、新しい卵かけごはんにどんどん挑戦していきましょう♪

特集

FEATURE CONTENTS