ライター : かやのゆみこ

AISO(イタリアソムリエ協会)認定オリーブオイルソムリエ

以前は旅の楽しさを伝える仕事、今は地域や食の魅力を伝える仕事に従事。国内外問わず、その土地ならではの食とお酒を味わうのが大好きです!

豆乳カルボナーラの基本レシピ

Photo by shucyan

濃厚なのにあっさりやさしい♪ そんな豆乳カルボナーラの作り方をご紹介します。豆乳の風味は好き嫌いが分かれますが、隠し味を加えるとぐっと食べやすくなりますよ。こちらのレシピの隠し味は、なんと味噌。豆乳の風味にコクと旨味を与えてくれます。

こってりとしたクリーム系が苦手な方はもちろん、カロリーを気にしている方やアレルギーなどの理由によって乳製品を控えたい方、ビーガン(菜食主義)の方にもおすすめです。

材料(1人分)

・パスタ······80〜100g(お好みの量)
・ベーコン(切落とし)······25g
・豆乳······120cc
・卵黄······1個
・味噌······小さじ1杯
・オリーブオイル······大さじ1杯
・すりおろしニンニク······小さじ1杯
・バター······10g
・塩(ゆで用)······10g/ゆで湯1ℓあたり
・塩コショウ(味付け用)······少々
・粉チーズ······適量

おいしく作るポイント・コツ

ベーコンや豆乳など冷蔵庫に保管してある材料は、調理に取りかかる前に冷蔵庫から出して室温に戻しておくと、加熱が素早くできます。

ニンニクは火にかける前のオイルに入れる、コールドスタートが基本。弱火でじっくりオイルに香りを移していきましょう。

ソースにとろみが欲しい場合は、味噌に小さじ1杯程度の小麦粉を加えてから、豆乳を入れて混ぜてください。アルデンテが好きな方は、パスタのゆで時間は表示時間より1~2分ほど短めにゆでましょう。

作り方

1. 鍋に湯を沸かして、塩を入れ、パスタをゆでます。

2. フライパンにオリーブオイルとおろしニンニクを入れて弱火にかけます。

3. ニンニクの香りが立ってきたらベーコン入れて炒め、バターを加えます。

4. 豆乳と隠し味の味噌を加えて、混ぜましょう。

5. ゆで上がったパスタをソースに加えて、とろみが出るようによく混ぜ合わせます。

6. 塩コショウで味を調えます。

7. お皿に盛り付けて、卵黄をトッピングします。

8. お好みで粉チーズを振りかけて召し上がってくださいね。

豆乳カルボナーラの人気アレンジ8選

1. 鍋ひとつで簡単。アスパラベーコンの豆乳カルボナーラ

鍋ひとつでチャチャッと作れる、豆乳カルボナーラのレシピです。パスタがゆであがる直前にアスパラやベーコンなどの具材を入れ、その鍋でソースを作り、そのままパスタと混ぜ合わせひとつの鍋で完結。豆乳ソースは軽やかな味わいながら、具だくさんなので食べ応えも十分です。

2. まろやかな旨味。キノコいろいろ豆乳カルボナーラ

まろやかな豆乳ソースとキノコの旨味がたっぷりなカルボナーラ。こちらのレシピでは、ボウルに豆乳ソースの材料を入れ、パスタのゆで汁でボウルごと湯煎するのがポイントです。火にかけないので、固まる心配も不要。幅広パスタのパッパルデッレにソースをよ~く絡めて召し上がれ♪
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ