名前はよく聞く「パルメザンチーズ」とは?粉チーズとの違いも解説

「パルメザンチーズ」という名前はよく聞きますが、詳しく説明しようとするとむずかしいですよね。パルメザンチーズとは、一体どのようなチーズなのでしょうか。今回は、パルミジャーノ・レッジャーノとの違いや、粉チーズとの関係にも迫ります。

イタリアンに必須の「パルメザンチーズ」とは

パスタやリゾット、ピザなど、イタリア料理に欠かせない「パルメザンチーズ」。日本でもおなじみの食材で、ご家庭に常備している方も多いのではないでしょうか。

そんなパルメザンチーズですが、具体的にどのようなチーズを指すのか、きちんと説明できるでしょうか。今回は、パルメザンチーズとパルミジャーノ・レッジャーノの違いや、粉チーズとの関係などについてまとめてみました。おすすめレシピも併せてご紹介しますね。

パルメザンチーズとパルミジャーノ・レッジャーノ

パルミジャーノ・レッジャーノとは?

パルミジャーノ・レッジャーノは、イタリア北部の限られた地方で作られているチーズ。製造の手間がかかり、希少価値が高いことから、「チーズの王様」とも言われている最高品質のハードタイプチーズです。

決められた原材料と、最低1年以上熟成させるというこだわりの製法による、濃厚な味わいと芳醇な香りが楽しめます。完成時は大きな塊であるパルミジャーノ・レッジャーノは、専用のナイフでカットしていただくのが一般的。

パルミジャーノ・レッジャーノと名乗るのには、DOPと呼ばれる原産地名称保護制度の厳しい基準をクリアする必要があるんですよ。

パルメザンチーズとは?

一方「パルメザンチーズ」は、パルミジャーノ・レッジャーノと同じくナチュラルチーズではありますが、産地や熟成期間の縛りはありません。

アメリカで「パルミジャーノ・レッジャーノ風に作られたチーズ」で、パルミジャーノ風から「パルメザン」と名付けられたんですね。パルミジャーノ・レッジャーノよりも熟成期間が短く、よりあっさりとしていてクセがないことが特徴です。

パルミジャーノ・レッジャーノとパルメザンチーズ、それぞれの特性を活かして上手に料理に取り入れたいですね。

粉チーズ=パルメザンチーズではない

上記のような点から、ひと言で「粉チーズ」といってもすべてがパルメザンチーズであるわけでないことが分かりますね。

日本では粉チーズというとパルメザンチーズのイメージが強いですが、レストランによってはパルミジャーノ・レッジャーノをきちんと削って料理を提供しているお店もあるため、味わいを知っておくと違いに気付けるかもしれませんね。

パルメザンチーズのイタリアンレシピ3選

1. ペンネアラビアータ

トマトソースにペンネを絡め、パルメザンチーズをたっぷりと振ったひと品です。トマトの酸味と唐辛子のスパイシーさ、チーズの香りが見事にマッチ!ワインとの相性も抜群な、大人向けのひと皿ですよ。

2. ミラノ風カツレツ

サクサク食感のカツレツは、お子様に大人気!パルメザンチーズを加えた卵液にくぐらせ、パン粉をつけて挙げたひと品です。チーズのコクにより冷めてもおいしく食べられ、レモンを搾るだけでも十分楽しめますよ。

3. 塩レモンのクリームパスタ

塩レモンを使った、10分でできる簡単レシピです。レモンの酸味とクリームのまろやかさが調和したソースに、パルメザンチーズを加えています。クリーミーでありながら、くどくならず食べられますよ。

パルメザンチーズは欠かせない!

パルメザンチーズについて、さまざまな観点からご紹介してきました。本場イタリアでは料理によってチーズを使い分けているということなので、わたしたちもきちんと特徴を知って、料理に見合ったチーズを使いたいですね。
▼チーズについての知識をさらに深めよう

特集

SPECIAL CONTENTS