ローディング中

Loading...

「角打ち」をご存じですか?角打ちとは、ちょっと楽しいお酒の飲み方です。今はおしゃれな角打ちバーも登場。お仕事帰りの女性も楽しめる角打ちの楽しみ方とは?語源や由来、おすすめの角打ちができるお店まで、まとめてご紹介します!

お酒の飲み方「角打ち」(かくうち)とは

皆さんは「角打ち」を知っていますか?「かくうち」と読みます。角打ちの言葉の意味には、将棋の角行の駒を盤上に指すことだったり、酒屋の店頭で升酒を直接に飲むことなど複数の意味があるようですが、主に、店の一角を仕切って立ち飲みすること。また、そこで飲むことといった意味でよく使われています。

角打ちは特に北九州の方言として親しまれてきました。升で酒を飲むこと、酒屋の店頭で酒を飲むこと、金銭を出し集めて宴をすることなどを意味します。

何れにしても、お酒好きの飲み方を表した角打ち。その由来や意味、おすすめの角打ちができるスポットまでご紹介します。

立ち飲みするのを「角打ち」という

北九州では、角打ちは、居酒屋での立ち飲みではなく、酒屋の店頭で酒を飲むこと。もともと、秤り売り用の酒を、升を借りて縁に乗せた塩をアテに、その場で立ち飲みしたことから発祥した呼び名のようです。

関東でも最近では「角打ち」という言葉を使うお酒好きも増えているようですが、九州地方では、ずっと昔からなじみのある言い方です。

角打ちの語源

角打ちの語源について、なぜ「角打ち」と呼ぶようになったでしょう。これについては諸説あるようですが、順番にご紹介します。

酒好きの行動が転じた言葉

その昔、酒屋さんでは今のように瓶に入った酒ではなく、お客が自分で持ち込んだ徳利に酒を注いで売っていました。いわゆる計り売りというものです。

家に持ち帰るまで我慢ができなくなったお客さんの味見がしたいという要望に応えて、優しい店主がその場で升に注いで、お酒を飲ませてあげたのが始まりと言われています。

その場で飲むことを想定していなかったのでお猪口やコップなどはなく、店にあったお酒を計るための升をコップ代わりにしたようです。お猪口やお椀などを使わず、この四角い升の角を使って飲んだことが「角打ち」の語源だといいます。

店の一角で飲むことを角打ち

居酒屋のように飲むことをメインにしている場所でもなければ、「立ち飲み=角打ち」というのは違います。角打ちとは、酒を売るのがメインである酒屋の一角で飲むことができる、というのが、現代使われている本来の意味です。

なぜ酒屋で立ち飲みするの?

なぜ、居酒屋での立ち飲み屋ではなく、酒屋で立ち飲みするのでしょう。なんだかゆっくりできないし、なぜわざわざ・・・と思ってしまいますよね。
酒屋で飲むメリットとしては、お酒のプロが厳選したものをリーズナブルに楽しめるところ。また、銘柄を教えてもらえたり、その場で買って家でもたのしめるのがよいですね。酒屋によっては日本酒だけでなくビールやワインを提供する酒屋もあり、ひとりで美味しいお酒を味わいたい時、ちょこっと飲みたい時に気軽に立ち寄れることも魅力です。

酒屋での角打ちルール

角打ちを楽しむには、ルールを知っておくことが大切です。まず、すべての酒屋で角打ちを行なっているわけではありません。角打ちができるお店は店頭ではわからないこともあります。角打ちをしてみたいと思ったら、酒屋の店主に尋ねてみましょう。

次に、酒屋は酒を売るのが商売でありますから、酒を買ってくれる人はお客さん。しかし、居酒屋ではありませんから、買ったお酒をそこで飲んでいるお客さんにサービスをする義務はありません。酒屋の角で角打ちをする際にはサービスを求めてはいけません。店主とのコミュニケーションの場と捉えるのがマナーであり、ルールです。

地域によって異なる呼び方

最近では、関東でも「角打ち」という呼び方が定着してきていますが、関西や東北では立ち飲みを「角打ち」というところは少ないのが現状です。

関西では酒屋での立ち飲みは「立ち呑み」、立ち飲み屋で飲むことを「立ち飲み」と、表記します。また、東北では升の中にグラスを置いて、一升瓶から、グラスになみなみとお酒を注ぐスタイルを「もっきり」と呼びます。

現代の「角打ち」

前述では、酒屋の立ち飲みを「角打ち」としましたが、時代の流れとともに、「角打ち」の概念も変化してきています。現在、酒屋での立ち飲みだけでなく、飲み屋での立ち飲みも「角打ち」と呼ぶお店も出てきているようです。繁華街には、「角打ちバル」や「ネオ角打ち」と呼ばれるおしゃれな飲み屋が増えているのも現状です。

東京で角打ちがたのしめるおすすめ店

昔の「角打ち」のイメージから、若い人も女性もみんなが楽しめるように、オシャレな角打ちを楽しめるお店が増えています。女性同士や仕事帰りに一人で、ふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょう?

1. 門前仲町「折原商店」(おりはらしょうてん)

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

【東京】ダイエット女子必見★カロリーが気にならない・ノーミートヘルシーバーガー登場♪

ダイエット女子の強い味方、ヘルシーフード。今回はなんと、肉を使わないのに美味しいノーミートバーガーをご紹介!おしゃれスポット「表参道」「広尾」にそんなありがたや〜な店はあります♡ご賞味あれ!

おすすめ!お得な100円でおいしい素晴らしいローソンのスイーツたち

100円あったら〇〇へ行こう。今、100ローソンがあつい!バラエティに富んだ品揃えでおやつに、夕飯の後のデザートに。会社帰りに立ち寄ってみては?

目指せBBQマスター!今年とりたい注目のモテ資格『バーベキュー検定』

バーベキュー検定試験(バーベキューマスター制度)は、日本バーベキュー協会が考案したBBQ文化を普及していく為の人材開発システム(資格制度)です。徐々にステップを踏みながら、マスターへと進化を遂げれば、貴方の人…

ピノアーモンド味ってそんなに人気あったんだ!?ピノが異例のファンサイト展開!!

個人的にピノは好きで、よく買っています。時に星の形をしたピノだったり、ハートのピノが出るなどしてツイッターでつぶやいた経験もあります♪でもしかし、ピノのバラエティーパックなどを買った経験はあるけどもアーモンド…

【武蔵小山】パン一筋26年!全国のパン職人が憧れる根本孝幸氏の”ネモベーカリー”「チキンカツサンド」は食べておきたい逸品

3月22日放送のTBS系列「知っとこ」で紹介されていた・武蔵小山にある「ネモ・ベーカリー&カフェ」 オーナーの根本孝幸氏はオーバカナルやアトリエ・ド・リーヴ等の有名ベーカリーのシェフを歴任してきた全国のパン職…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

本当にあった世界の信じられない自動販売機『10選』

世界でも自動販売機が多いことで有名な日本ですが、そんな自販大国日本に住んでいる僕らでも、信じられないような自販機が世界にはあります。その中でも特に驚きのものをまとめてみました。

【マナー】カジュアルだけど意外と難しい!?イタリア料理の食べ方まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友達と気軽に食事…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

連載記事

カルディ「パクチーカレー」涙の再登場!パクチスト納得の味かどうか試してみた

2016年4月に発売された、カルディの「パクチーカレー」が再登場しました!パッケージによると「パクチー度がアップ」しているんだとか。パクチストが満足できる味になったのか……?実食レビューでご紹介します!…

ランチでひと際目を引く!ブランドで選ぶステンレス弁当箱10選

おしゃれなお弁当箱が注目される昨今、素朴でスルーされがちなステンレスのお弁当箱…。でも、待ってください!実は、さまざまなメリットがあるんです。子供用としてもぴったりな、ステンレス弁当箱の特徴や魅力、おすすめの…

手作りってたのしい!ジップロックで漬け込む「自家製コンビーフ」の作り方♩

おかずに人気のコンビーフ。アメリカではポピュラーな食べもので、じつは簡単に作れる保存食なのです。自家製での作り方は圧力鍋を使えばOK。塊肉でダイナミックにステーキで食べるのもいいですが、お肉をほぐせばアレンジ…

ページTOPに戻る