新潟県民の懐かしお菓子「ポッポ焼き」とは

Photo by uli04_29

ポッポ焼きとは、明治の終わりごろ新潟県下越地方で誕生した、と言われているお菓子のこと。小麦粉と黒糖を練った生地を、細長い専用の型で焼き上げて作ります。 黒糖の素朴な甘さと、もっちりとした食感が魅力で、お祭りの屋台の定番として人気があります。数は少ないものの、新潟県内にはポッポ焼き専門店もあり、通販などでも購入することができるようです。

名前の由来

新潟で愛されているポッポ焼きには、名前の由来が諸説あります。専用焼き器から蒸気が出ている様子が「ポッポ」と呼ばれる蒸気機関車に似ているから、「ポーポー」と蒸気で鳴る笛で客寄せをしていたから、などが有力な説のようです。

卵焼き器で!ポッポ焼きの作り方

Photo by uli04_29

今回は、ご家庭で簡単にできるポッポ焼きレシピをご紹介します。専用のポッポ焼き器の代わりに、卵焼き器を使用して、ポッポ焼きの雰囲気を出してみました。黒糖のやさしい甘さと、もちもち食感の生地に、ほっこり癒やされますよ。

材料(2人分)

Photo by uli04_29

・薄力粉……100g ・黒糖……50g ・水……120cc ・重曹……小さじ1/2 ※黒糖は固形のものを使うと、より本格的になります。固形を使う場合は、あらかじめ手でほぐすか、包丁で刻むなどして溶けやすいようにしておきましょう。

作り方

1. 黒糖と水を鍋で煮溶かして冷ます

Photo by uli04_29

鍋に黒糖と水を入れて、しっかりと煮溶かします。黒糖が溶けたら、小さい容器に移し、氷水を張ったボウルに重ねるなどして、冷ましましょう。

2. 薄力粉と重曹を混ぜる

Photo by uli04_29

薄力粉と重曹をボウルに入れ、泡立て器でぐるぐるかき混ぜます。薄力粉をふるう必要はありません。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS