新潟県の屋台菓子「ポッポ焼き」の作り方・レシピ

「ポッポ焼き」という新潟のお菓子をご存知ですか?黒糖のやさしい甘さと、もちもちっとした生地が特徴のお菓子です。今回は、卵焼き器を使ったポッポ焼きの作り方をご紹介します。食べたことがない方でも、ひと口食べれば素朴なおいしさに魅了されるはず。簡単なので、ぜひ気軽に作ってみてください。

2019年6月19日 更新

作り方

1. 黒糖と水を鍋で煮溶かして冷ます

黒糖と水を鍋で煮溶かす様子

Photo by uli04_29

鍋に黒糖と水を入れて、しっかりと煮溶かします。黒糖が溶けたら、小さい容器に移し、氷水を張ったボウルに重ねるなどして、冷ましましょう。

2. 薄力粉と重曹を混ぜる

ボウルに入れた粉類を泡立て器で混ぜる様子

Photo by uli04_29

薄力粉と重曹をボウルに入れ、泡立て器でぐるぐるかき混ぜます。薄力粉をふるう必要はありません。

3. 冷えた黒糖水を加えて混ぜる

黒糖の色をした生地を混ぜる様子

Photo by uli04_29

黒糖水がしっかり冷めたら、粉類に一気に加えて混ぜます。ダマがなくなるまで、しっかりと混ぜましょう。どろっとした生地になります。

4. 卵焼き器に流し入れ、弱火で両面を焼く

卵焼き器で生地を焼く様子

Photo by uli04_29

薄く油をひいた卵焼き器に、生地を流し込みます。弱火で片面を焼き、表面にフツフツと気泡ができはじめたら、フライ返しを漬かって裏返します。裏面も弱火でじっくり焼いてください。竹串を刺して、生地がついてこなければ、焼き上がりのサインです。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

uli04_29

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう