いろいろ使える♪ キャベツのおいしいゆで方&おすすめサラダレシピ5選

あとひと皿ほしいとき、暑い時期、生野菜をお弁当に入れたくないとき、そんなときに大活躍するのがゆでキャベツです。適度な歯ごたえを残しながらゆでることで和風の和え物から洋風サラダまで、さまざまなお料理に活用することができますよ。

2019年6月13日 更新

キャベツのおいしいゆで方

ざるに盛られたできたてのゆでキャベツ

Photo by koku_koku

和え物やサラダ、メイン料理などにアレンジできるゆでキャベツは、ストックしておくととても便利!今回はキャベツの色をきれいに出しながらゆでる方法についてご紹介します。キャベツがたくさん手に入った日などに、ぜひ活用してくださいね。

材料(3人分)

・キャベツ……1/4カット
・塩……小さじ1杯

作り方

1. キャベツはできるだけ芯を取っておきましょう。千切りにして利用する場合は残していっしょにゆでてもOKです。

2. 鍋にお湯を沸かし、塩を入れます。キャベツを入れてゆでましょう。芯を残した方は、先に芯を入れて30秒待ってから葉を入れるのがおすすめです。
3. 葉を20秒ほどゆでたら菜箸で引き揚げ、冷水にとります。

4. さらしなどで、キャベツについた水分をしっかり取り除きましょう。

作るときのコツ

塩を入れてゆでると、キャベツの色がきれいに出ます。サラダに使用する場合などにおすすめです。塩を入れすぎないように気をつけてくださいね。また、ゆでたら葉についた水分をしっかりととりましょう。残ったまま保存すると傷みやすくなります。

ゆでたキャベツの保存方法

水分を切ったキャベツは冷蔵保存の場合、2日ほどで使い切ったほうがベター。冷凍保存なら保存袋に入れて1週間から2週間ほど可能です。

ゆでキャベツを使ったサラダレシピ5選

1. ゆでキャベツのサラダ

キャベツと白ねぎを一緒にゆで、かつお節などを使って和風に仕上げていきます。ゆでたキャベツやコーンの甘さとかつお節がよく合いますよ。コロッケやメンチカツなどの揚げ物に添える副菜としても大活躍しそうです。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

koku_koku

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう