ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

1. ひと手間で風味激変!「焦がしバター醤油」

Photo by muccinpurin

バター醤油は、香ばしさとコクが合わさった鉄板の組み合わせですが、バターを焦がすひと手間を加えるだけで、味に深みが出て表情が一変! 見た目は醤油ドレッシングのようですが、焦がしたバターの香りが食欲をそそる魅惑の調味料です。

Photo by muccinpurin

温野菜サラダにかければ、バターの香ばしさがきらりと光る、おつまみ感覚のひと皿に。 このほかにも、茹でたパスタに絡めるだけでうまみたっぷりの和風パスタが完成します。きのこや長ネギ、ベーコンを合わせればボリュームも申し分なしですね!

2. なんでも10倍おいしくなる「香味だれ」

Photo by muccinpurin

にんにくとしょうが、ねぎをたっぷりと使った「香味だれ」は、どんな料理にかけても10倍おいしくなる、魔法のような調味料。 これでもかというほどたくさんの香味野菜をしょうゆ、酢、砂糖と混ぜ合わせることで、香り豊かな “食べるたれ” が完成します。

Photo by muccinpurin

たれを使わずに混ぜた納豆に、香味だれをたっぷりとかけた「香味だれ納豆」は、にんにくのパンチが効いたガッツリ味。にんにくとねぎの香りが効いているので満足度も高く、酢のさっぱり感が食欲を高めてくれるので、暑い夏にもぴったりですよ。 ほかにも冷奴にかけたり、揚げ物にかけたりと使い道に困らない万能調味料です。

3. 自然な甘さがクセになる「玉ねぎソース」

Photo by muccinpurin

ファミリーレストランの人気料理から火が付いた、玉ねぎソース。刻んだ玉ねぎとパセリをオリーブオイルで炒め、白ワインや塩こしょうで味を調えるだけで、おうちでも簡単に作れるんですよ。 新玉ねぎを使えば甘くてジューシーなソースになりますが、もちろん普通の玉ねぎを使ってもおいしくできます。シャキシャキ感を楽しむためにあまり炒めないのがポイントなので、玉ねぎの辛みが気になるときは水にさらしてから使ってくださいね。

Photo by muccinpurin

ソースからおうちで作れば、思う存分たっぷりとかけられるのでちょっぴり豪華な食卓に♪ 刻んで軽く炒めるだけのシンプル調理なのに、こんなにおいしくなるなんて……!と感動の仕上がりです。

4. 具だくさんごちソース「たくタルタル」

Photo by muccinpurin

タルタルソースといえば、刻んだゆで卵とピクルスが定番ですよね。「たくタルタル」は、ピクルスの代わりにたくあんを使った、ちょっぴり和風なタルタルソースです。 たくあんは旨みも強く、タルタルソースに必要なシャキシャキ感も申し分なしなので、違和感なくおいしいタルタルソースができます。

Photo by muccinpurin

タルタルソースがよく合う料理といえば、揚げ物。カキフライやエビフライにたっぷりとかければ、いつものタルタルソースとはちょっと違った和風味が楽しめます。 ほかにもポテトサラダに混ぜたり、サンドイッチの具に使ったりと、なにかとアレンジが効きます。ピクルスよりも身近なたくあんでできるので、チャレンジしやすい調味料ではないでしょうか。

5. おうち中華を格上げする「鶏油」

Photo by muccinpurin

鶏肉を料理に使うとき、取り除いた皮が余ってしまうことってありませんか?余った皮を有効活用した万能調味料が「鶏油(チーユ)」です。 鶏の旨みがぎゅぎゅっと詰まった油は、料理の仕上げにひと匙たらすだけで、まるで中華料理店のようなプロ級の仕上がりになります!

Photo by muccinpurin

ラーメンに鶏油をひと回し……湯気とともに立ちのぼる濃厚な鶏の香りにきっと感激するでしょう。 使い終わった鶏皮は塩こしょうだけで絶品おつまみになり、無駄なく丸ごと使いきれますよ。

手作り調味料で料理の腕がワンランクアップ♪

Photo by muccinpurin

自家製調味料とはいっても、どれも基本の調味料を使ったチャレンジしやすいものばかりでしたね。 いつもの料理もちょっと手をかけた自家製調味料をプラスするだけで、見た目も味わいもワンランクアップすること間違いなしですよ!
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS