手づくり調味料で料理上手。なんでも10倍おいしくなる「香味だれ」【vol.2】

調味料を極めることが、料理上手への近道。この企画では、身近な調味料を使って作る、一歩踏み込んだ自家製調味料をご紹介していきます。第2弾となる今回は「万能香味だれ」。香味野菜の代表格をたっぷりと使った、どんな料理も10倍おいしく仕上げてくれる魔法のたれです。

2019年4月27日 更新

ライター : 製菓衛生師/muccinpurin

製菓衛生師

製菓衛生師免許所有の元パティシエです。 年に3~4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。 アジアン、おせち、お菓子…ジャンルを問わずチャレンジしま…もっとみる

茶色いはおいしい!「万能香味だれ」

Photo by muccinpurin

にんにくやしょうが、長ねぎがこれでもかと入った香味だれ。茶色い見た目はたいそう地味ですが、香味野菜の代表格が3種類そろい踏みしたたれは、どんな料理にかけても10倍はおいしくしてくれる、まさに “魔法のたれ” なんです。 調味料はどこにでもある基本のものなのに、家族からのリクエストが絶えません。これからの暑い季節、さっぱりとしたいときやスタミナをつけたいときにもぴったりな、香味だれの作り方をご紹介します♪

レシピ

材料

Photo by muccinpurin

・にんにく……30g ・しょうが……30g ・長ねぎ(白い部分)……1本分 ☆しょうゆ……100cc ☆酢……60cc ☆砂糖……大さじ4杯 ☆ごま油……大さじ2杯

作り方

1. 材料を細かく刻みます

Photo by muccinpurin

にんにく、しょうが、長ねぎを細かく刻んでいきます。ここが一番面倒なところですが、おいしいたれのために頑張りましょう! 量が多いので、フードプロセッサーを使うと時短できますよ。

2. 調味料を混ぜ合わせます

Photo by muccinpurin

ボウルで☆の調味料をよく混ぜ合わせ、砂糖を溶かします。 今回はわかりやすくボウルで混ぜ合わせていますが、大き目の瓶があれば煮沸消毒して瓶を振って混ぜてください。そのまま保存もできて便利ですよ。

3. 刻んだ野菜を混ぜ合わせて完成!

Photo by muccinpurin

調味料が混ざったら、みじん切りにした野菜を入れて混ぜます。 具が多い気がしますが、食べるドレッシング的な使い方をするので、このくらい入れたほうがおいしくなりますよ。

Photo by muccinpurin

ビンの半分ほどが香味野菜ですが、この具材がシャキシャキしていいアクセントになるんです。 冷蔵で1週間ほど日持ちします。臭いが強いので、しっかりとフタをして保存してくださいね。 生のしょうがとにんにくを使っているので、朝やお出かけ前は控えたほうがいいかもしれません。その香りがおいしいので、人と会う予定がないときに、思い切り味わってくださいね♪

アレンジ① 香味だれのスタミナ納豆

Photo by muccinpurin

市販のたれやしょうゆを使わずに混ぜた納豆に、香味だれを具材ごとたっぷりオン! 納豆にねぎは定番ですが、にんにくやしょうがの香りもよく合います。しかもシャキシャキの食感が加わって、いつもの納豆とはまったく違った表情を見せてくれますよ。 出勤前の朝には到底食べられないパンチが効いた香りなので、休日に思う存分かきこんでください!

特集

FEATURE CONTENTS