醤油なのにサクサク!?「食べる醤油」が話題沸騰中!

作家の吉本ばななさんが愛用していると年末のテレビで放映され、SNSで話題になっている「サクサクしょうゆ」。放映後、店頭で品薄状態のようでしたが、いったいどんなしょうゆか気になりますね。原料やカロリー、どんな食べ方があるのか調べてみました。

2019年3月29日 更新

「食べるしょうゆ サクサクしょうゆ」とは?

「サクサクしょうゆ」は、2017年にキッコーマンから発売された「食べるしょうゆ」。フリーズドライしてフレーク状にしたしょうゆは、サクサクの新食感が話題です。

しょうゆの凝縮した旨みとフライドガーリックやフライドオニオンなどの香ばしさが特徴。そのまま食べても、調味料としても料理のバリエーションを広げてくれそうです。

原材料とカロリー

「サクサクしょうゆ」の原材料は、オイルベースのフリーズドライしょうゆに、煎りごまやフライドガーリック、フライドオニオンなど香ばしい食材がくわえてあります。

気になるカロリーは、内容量90gに対して、594kcalです。砂糖大さじ1杯(約9g)のカロリーが35kcalですから、ちょっとカロリーは高めですね。

食べるしょうゆはどこで買えるの?

テレビで取り上げられたときは売り切れ状態だった「サクサクしょうゆ」も、今ではイオンやイトーヨーカドーなど大手スーパーでは調味料売り場に並んでいるようです。

近所のスーパーで取り扱いがないときは、Amazonや楽天などの通販サイトでの購入がおすすめです。

通販での購入はこちら

1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

leiamama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう