主菜副菜どちらもいける♪ 煮汁しみしみ「肉豆腐」の基本&アレンジレシピ5選

和食の定番とも言える肉豆腐。副菜と主菜、どちらにも適しており汎用性のある料理のひとつ。あなたは副菜として食べる派ですか?それとも、主菜として食べる派ですか?迷ったときは、献立のバランスをみて決めましょう。今回は、基本レシピと応用レシピ5つを厳選してご紹介します。

2019年6月9日 更新

基本の「肉豆腐」を作ってみよう!

牛肉こま切れと木綿豆腐が入った肉豆腐

Photo by 和食ライフスタイリストmarie

一般的な肉豆腐の基本レシピは、牛肉こま切れと木綿豆腐を使用したものなので、こちらではその食材を使用してご紹介していきます。

また、ふたつの食材だけだと寂しかったので、玉ねぎを添えています。玉ねぎのほかにも、人参やおふなど煮汁が染み込んだらおいしい食材や、色が映えたものを添えると、食欲をそそるひと品となりますよ。

材料(2人分)

・木綿豆腐……約300g(一丁)
・牛肉こま切れ……100g
・玉ねぎ……約100g(1/2個)
・青ネギ……3g
・水……400CC

調味料
・濃口醤油……大さじ2杯
・みりん……大さじ2杯
・和風だし顆粒……小さじ2杯
・酒……大さじ1杯

下ごしらえ

1. 玉ねぎは5mm幅にスライスする

2. 青ネギは3cm幅に斜めカットする

作り方

3. 片手鍋に油を敷き、牛肉こま切れを入れて中火で炒める。

4. 牛肉に8割ほど火が通ったら、弱火にして玉ねぎを入れて約5分ほど中火で炒める。

5. 4に木綿豆腐と水、調味液を入れて、落し蓋をして弱火で10分煮る。

6. 5を器に盛り、青ネギを盛り付けて完成!

豚肉で代用してもOK!

牛肉こま切れを豚肉こま切れや、豚肉ミンチ、豚肉バラなどに代用してもおいしいですよ。豚肉の種類を変えると味や見た目の変化が起きるので、飽きずに食べられることも嬉しいですね。

実際に作る際には、まずは基本レシピの煮汁Aの分量の3/4程度で作ってみて、味見をしながら、足りない調味料を追加するようにしてくださいね。

肉豆腐の人気アレンジレシピ5選

1. 温玉のせで食欲そそる!すき焼き風肉豆腐

ごぼうを追加して、温玉をのせた肉豆腐のアレンジレシピです。ごぼうを入れると食物繊維が摂れるメニューへと早変わりします。ごぼうは牛肉との相性もよくご飯が進みますし、温玉をのせるだけで食欲がそそられますね。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

IsFoodHealthLABO

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう