副菜やメインにも♪ 牛肉で作る「肉豆腐」の基本レシピ&アレンジ5選

出汁が染みこんだお肉と豆腐、それに野菜類……簡単に作れるのに抜群においしい「肉豆腐」は、副菜でもメインでも活躍する料理。今回はそんな肉豆腐の基本レシピと、味わいや具材に変化を持たせたアレンジレシピをご紹介します。どれも簡単に作れるレシピばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2019年5月17日 更新

基本の「肉豆腐」の基本レシピ

青いクロスの上、白い器に盛られた肉豆腐。牛肉、ねぎ、豆腐、いんげんが顔をのぞかせている

Photo by tumu

まずは基本レシピから確認しましょう。肉豆腐は基本的には具材を炒めて合わせ調味料でさっと煮るだけの料理。今回は基本的な材料で作りましたが、お好みで長ねぎを玉ねぎにかえたり、きのこ類を入れてもおいしいですよ。もちろん豚肉でもOK!

材料(2人分)

・牛薄切り肉……200g
・木綿豆腐……1丁
・長ねぎ……1本
・そのほかお好みの具材(きのこ類、しらたきなど)
・サラダ油(炒め用)……大さじ1杯

調味料
・醤油……大さじ3杯
・酒……大さじ3杯
・みりん……大さじ3杯
・砂糖……大さじ2杯
・和風だしの素……小さじ1杯
・水……150ml

作り方

1. 豆腐は8等分ほどの大きめのひと口大にカットし、キッチンペーパーの上に10分ほど置いて水切りをします。長ねぎは斜め切りに、牛肉は食べやすい大きさに切りましょう。

2. 調味料の材料をすべて混ぜておきます。

3. フライパンにサラダ油を注いで中火で熱し、牛肉から炒めていきます。牛肉の色がすこし変わったら、長ねぎをいれてざっと炒めましょう。

※肉に火が入りすぎるのが嫌な場合は、色が変わった時点でいったん取り出しておくとよいでしょう。

4. 牛肉、長ねぎを炒めたら合わせ調味料を注ぎます。さらに、スペースをあけてから豆腐を加えて中火で5~10分ほど煮ます。豆腐に味が染みこんだら完成!

※工程3で牛肉を取り出した場合は、できあがりの2分前にフライパンに戻し入れて火を通しきりましょう。

作るときのコツ

豆腐の水切りは省略しても大丈夫ですが、時間に余裕があるときはぜひやっておきましょう。そうすることで、味が染みこみやすくなりますよ!

炒めたお肉を取り出して、煮込みの最後に再投入すれば、火が通りすぎるのを避けられるでしょう。牛肉や豚こま肉を使用するときは、ちょっと意識してみてくださいね。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

tumu

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう