ライター : shucyan

フードアナリスト / 江戸ソバリエ / ソルトマイスター

「日本ワインを愛する会」会員。フードライターとして新聞・雑誌・ムック本などの紙媒体を始め、これまで複数のグルメサイト、SNSで執筆・情報提供を行い、日本テレビ「ZIP」、テレビ朝…もっとみる

アスパラの豚バラ巻き作り方・レシピ

Photo by shucyan

生のアスパラガスに豚肉の薄切りを巻き付け、フライパンでこんがりと焼き色が付くまで焼きます。途中でワインを加えて蒸し焼きにするとアスパラがやわらかくなり、風味もよくなります。お好みの味のタレで仕上げましょう。このレシピでは甜面醤(テンメンジャン)を使ったコクのある甘辛ダレを絡めました。

材料(2人分)

アスパラガス・・・・・・3〜4本 豚肉(薄切り)・・・・・・3〜4枚 醤油・・・・・・大さじ1 みりん・・・・・・大さじ1 甜面醤・・・・・・小さじ1 白ワイン・・・・・・20cc 小麦粉・・・・・・適量 塩コショウ・・・・・・少々

作り方

1. アスパラは、軸の元の硬い部分を1センチほどカットし、下から1/3くらいの皮をむきます。 2. 豚肉を広げて塩コショウをしたらアスパラにに斜めに巻き付け、手のひらでしっかりと握ります。 3. 豚巻きの表面に軽く小麦粉を振ります。 4. フライパンを火にかけて油を敷き、豚巻きを転がしながら焼きます。 5. 白ワインを加えて蒸し焼きにします。 6. ほどよく焼き色が付いたら、合わせ調味料を加えます。 7. 豚巻きをお皿に盛り、残りのタレを煮詰めてかけます。

作るときのコツ

アスパラは下ゆでしなくても調理過程で蒸し焼きにするので、水分でやわらかくなります。少し歯応えが残っているくらいが、食感がよいようです。 豚肉はアスパラに巻いたら、一度手でしっかりと握ってお肉同士を密着させます。さらに小麦粉をまぶすことで接着剤の役割が出て、はがれにくくなります。うまくゆかない場合は、つまようじを挿して留める方法もあります。

アスパラの豚肉巻きアレンジ5選

1. アスパラ・にんじん・チーズの甘辛肉巻き

お酒のおつまみに、アスパラだけでなく彩りがキレイなニンジンとチーズもいっしょに薄切り肉で巻きました。タレは、しょうゆとみりんのシンプルな甘辛で。長いままのアスパラに薄切り肉を斜めに巻き付けるのではなく、お肉の幅に合わせてアスパラをカットして長さを合わせます。

2. アスパラ豚肉巻き 一本揚げ焼き

アスパラを切らずに豚肉を巻き付け、衣は卵を入れずに小麦粉を水溶きしたバッター液を絡めて油で揚げました。豚肉がはがれないように注意して、焦がさないように揚げてください。パン粉にパルメザンチーズを混ぜているのがポイントです。

特集

FEATURE CONTENTS