優秀食材「麩」を使ったおすすめレシピ15選!種類や栄養もチェック

ふわふわとした食感と使いやすさが魅力で、料理の彩りにも使える「お麩」。今回は、そんなお麩の知られざる魅力を発掘!「お麩ってなんなの?」といったポイントや栄養についてお伝えします。お麩の種類別のおすすめレシピもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

2019年6月9日 更新

麩とは

テーブルの上に広げられたカラフルなお麩

Photo by Snapmart

お麩の原料はグルテン

小麦粉に食塩水をくわえてよく練り、それを袋に入れて揉むとデンプンが流出しグルテンが残ります。そのグルテンを蒸したものが生麩と呼ばれるもの。この生麩をさらに加工することで、さまざまな種類のお麩になります。

生麩を加工することで「別のお麩」になる

生麩を揚げたものを揚げ麩と呼びます。生麩を煮てから成形し干したものが乾燥麩、乾燥させずに焼いたものが焼き麩です。

お麩は全国に90種類以上あると言われています。真ん中が空洞になった車麩、おみそ汁に入っている小町麩、短冊状の板麩など、バリエーション豊富なのが面白いですね!

おもな麩の種類

生麩

グルテンにもち粉、あるいは小麦粉をくわえて練り、蒸すかゆでるかして作ります。なかにはゴマやヨモギを入れて、風味や色を付けたものも。桜やもみじを模して作られた「細工物」は見た目もかわいらしく、季節感を出すのにもぴったりです。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

tumu

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう