しめじの炊き込みご飯の作り方・レシピ!簡単アレンジも

香りのよいしめじを使った、炊き込みご飯のレシピをご紹介いたします。基本のレシピでは、ツナを使って簡単&シンプルに。お肉、お魚、お芋などを合わせた5つのアレンジレシピでは、簡単レシピと本格レシピを両方集めてみました♪

2019年4月4日 更新

おいしく作るためのポイント

具材を上にのせて炊かないと、お米に均一に火が通りにくく食感が悪くなってしまいます。もしお米に芯が残ってしまったときは、大さじ1〜2程度のお酒や水を入れてそのまま炊飯器か電子レンジで約3分ほど再加熱してみてくださいね(お使いの機種によって使用する量や加熱時間が異なる場合があるので、様子を見ながら)。 時間が経つと調味料が下に沈んでしまうので、炊飯予約は原則NGです。

いろいろ具材で盛りだくさん!しめじの炊き込みご飯アレンジ5選

1. 丁寧なおいしさ「シメジの炊き込みご飯」

ギュギュッと旨みの詰まったチリメンジャコを合わせた、本格的なレシピです。先に調味料と一緒に煮てから炊くので、しめじや油揚げには味が染み染み。ショウガやミツバの香りがアクセントになり、後をひきます。もち米入りの、もちもっちとした食感もたまりません。

2. 簡単サッパリ味「豚バラとしめじのポン酢炊き込みご飯」

Photo by macaroni

使う調味料はポン酢だけでOKの、とても簡単なレシピです。おまけに包丁も、お肉を使うときにしか使いません♪ ジューシーな豚バラ肉と合わせつつ、ほどよい酸味でスッキリ。豚こま肉や牛肉など、ほかのお肉でもおいしくアレンジできますよ。

3. お魚系もこれなら手軽「さば缶の炊き込みご飯」

身がホロリとやわらかな、お魚を使った炊き込みご飯も魅力的。生魚を使うと下ごしらえがおっくうなこともありますが、缶詰ならとってもお手軽です。缶汁ごと使うことで、おいしさを1滴たりとも逃しません。なるべくさばを崩さないようにすると、画像のように盛り付けが小粋にキマリます。

4. ほっこり系の大定番「しめじとサツマイモの炊き込みご飯」

サツマイモとキノコが旬を迎える秋はもちろん、それ以外の季節にも食べたくなる定番人気の炊き込みご飯です。ちょっぴり大き目にカットした油揚げ、鶏肉も入って食べごたえ満点。甘くてホクホクのおイモに、思わず顔がほころびます。

5. 鶏肉、人参もゴロリ「具だくさんの鶏ごぼう炊き込みご飯」

鶏肉やゴボウとの組み合わせも、ハズせませんね。おしょうゆ、みりん、お砂糖を使った甘辛めの味付けと鶏もも肉の濃厚な旨みで、お箸が止まらなくなってしまうかもしれません!具材を先に煮るひと手間をかけた、おいしさ広がるレシピです。

特集

FEATURE CONTENTS