調理師が伝授!簡単な本格「スクランブルエッグ」の作り方・レシピ

「スクランブルエッグ」の作り方を、調理師が伝授します。極上のふわとろ食感に仕上げるポイントは、たったひとつ!この記事を読めば、きっとあなたも極上のふわとろスクランブルエッグが作れるようになりますよ。レンジで作れる簡単レシピや、具材を加えたアレンジレシピ、リメイクレシピの紹介も。

2019年3月14日 更新

簡単ふわとろ!スクランブルエッグの基本の作り方

スクランブルエッグ

Photo by kii

生クリームを使わずに、牛乳で手軽に作れるスクランブルエッグの作り方です。弱火でじっくりと卵に火を通すことで、生クリームを使っていないのに濃厚クリーミーな味わいに大変身!極上のふわとろ食感を召し上がれ♪

材料(1人分)

・卵……2個
・牛乳……大さじ2
・塩こしょう……各少々
・バター……10g

作り方

1. ボウルに卵を割り入れます。牛乳、塩コショウを入れて、泡立て器でよく混ぜ合わせてください。

2. 火を中火でつけて、フライパンにバターを熱します。

3. バターが溶けたら、弱火にして、1の卵液を一気に加えます。

4. 耐熱性のゴムベラで、常に混ぜながら火を通していきます。お好みのふわとろ具合になりましたら完成です。お皿に盛りつけて、お好みでケチャップをかけて召し上がれ♪

コツは、弱火で、かき混ぜながら加熱するだけ!

ふわふわとろとろのスクランブルエッグを作るための、たったひとつのポイントは「弱火で、かき混ぜながら加熱すること」です。このひとつだけをしっかりと守れば、おうちでも本格的なスクランブルエッグを作れますよ。

弱火でじっくりと火を通していくので、スクランブルエッグが完成するまでは最低でも10分はかかります。しかし、弱火でゆっくりと卵液の温度を上げていけば、火が通りすぎてしまってボソボソになってしまう失敗も少ないですよ。
フライパンに入った卵液

Photo by kii

最初はこのように、完全に液体ですが……。
卵液に火が通って、かたまりはじめたところ

Photo by kii

弱火でじっくりと加熱しくと、少しずつ固体の部分ができます。
さらに火が通って、かたまった部分が多くなってきたところ

Photo by kii

全体に均一に火が通っていくように、耐熱性のゴムベラで常にかき混ぜましょう!
火が通って、完成する直前のスクランブルエッグ

Photo by kii

じっくりと丁寧に作ることで、極上のふわとろ食感のスクランブルエッグに仕上がりますよ♪
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

調理師 製菓衛生師 kii

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう