ライター : emi_

お料理を作るのはもちろん食べることも大好きです。仕事柄、地方に行くことが多いので、おいしいものはないかな?といつも探しています。趣味はわんこと公園で昼寝。たき火。皆さんにお…もっとみる

オマール海老(ロブスター)とは

フレンチレストランや特別な日に食べることが多いオマール海老。オマール海老はロブスターとも呼ばれています。 同じ海老になぜ、二種類の名前があるのか不思議ではありませんか?ロブスターという呼称は英語。「homard(=オマール)」はフランス語になるんですよ。 「homard(=オマール)」はハンマーという意味。オマール海老の特徴のひとつ、ハサミの部分がハンマーのように見えるのが由来です。

おもな生息地

オマール海老は、北東大西洋、地中海、北欧ノルウェー近辺、南アフリカ地域と広範囲に生息しています。地域によって体色に違いがみられます。 オマール海老は仲間同士、傷つけ合うこともあるほどアグレッシブなんですよ。アグレッシブすぎて水揚げされたすぐにハサミを固定されてしまうほどです。

味の特徴

おもにヨーロッパ、アメリカではポピュラーなオマール海老。ヨーロピアンオマール、アメリカンロブスターの2種類がおもに流通しています。 ヨーロピアンオマールの方があま味と旨味が濃厚で上質とされています。さらに、オマールエビの卵巣はとても希少価値があり本体の身よりもおいしいといわれています。

伊勢海老とオマール海老の違い

生態の違い

オマール海老はザリガニの仲間になります。伊勢海老は、エビ目・イセエビ科に属するイセエビという種類の海老になります。 大きな違いは、やっぱり「ハサミ」オマール海老が持つ大きなハサミを、伊勢海老は持っていません。ただし、海外では、伊勢海老もロブスターと呼ばれています。大きな海老はみんなロブスターとひとくくりになっているようです。

値段と味の違い

ぷりっぷりの弾力が特徴的なオマール海老。味はどちらかというと淡白です。ハサミの部分と体の部分では、食感と味に違いがあり二度楽しむことができます。 伊勢海老は、弾力こそオマール海老に劣るのですが、なめらかな口当たりに濃厚な旨味が圧倒的!お刺身で食べても加熱して食べてもおいしさは変わりません。 お値段も、伊勢海老の方がオマール海老よりも高く、オマール海老の2倍以上の価格がつくこともあります。

お家で味わう!おすすめオマール海老3選

⒈ ボイルオマール海老

ITEM

ボイル オマール

内容量:1尾(300g前後)
産地:インドネシア産

¥1,009 ※2019年03月02日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

味噌がたっぷり詰まったボイルオマール海老です。ボイルされた状態で届けてくれるので食べたいときに解凍すれば、すぐに食べることができます。 小ぶりの300gですが、ご自宅で食べるにはぴったりのサイズではないでしょうか。

特集

FEATURE CONTENTS