5. 炊飯器の「炊き込み」モードで炊く

Photo by つくり子

ご家庭の炊飯器に「炊き込み」モードなどがあれば、そのモードで炊くとおこげもできやすいのでオススメです。専用モードがない場合は普通炊飯でOKですが、予約炊飯にすると少し味が落ちるのでご注意を。

6. 炊けたら完成

Photo by つくり子

炊飯が完了したら、里芋とごはんを混ぜ合わせてからお椀に盛り付け、上からごま塩をふりかけたら完成です。

作るときのコツ

里芋の皮をむくときに痒みを感じる人は、水で洗いながら里芋の皮をむくと少し軽減できるのでオススメです。 里芋だけでなくほかの具材を入れる場合も、炊き込みごはんの基本的な作り方と同じく具材は上からのせるだけで混ぜ合わせないようにするのがおいしく炊くポイントです。

いろいろな味で♪ 里芋の炊き込みごはんの人気アレンジレシピ5選

1. 塩昆布と里芋の炊き込みご飯

塩昆布を使うと、里芋ごはんがさらに簡単に仕上がります。こちらのレシピは里芋と塩昆布のほかにもツナと舞茸を入れているのでボリュームたっぷり♪ 食材からの出汁も出るので、むずかしい味付けも必要なし!お料理初心者の方でも簡単に作れます。

2. 里芋バターご飯

こちらの里芋ごはんは、炊飯する前にバターで里芋や白ネギを炒めているので、炊き上がりの香りがとってもいい!バターを入れることによって、炊き込みごはんの味もまろやかになるので、お子様にも人気になりそうなレシピです。

3. 桜えびと里芋の炊き込みご飯

桜エピのピンク色と三つ葉の緑色、そして里芋の白色が美しいごちそう里芋ごはんのレシピ♪ お花見や運動会など、大勢の人が集まるお弁当に入れると華やかになりますよね。桜えびを炊き込みごはんに使うことで、しっかり味がついておいしさ間違いなしです。

編集部のおすすめ