ひと手間でうまみアップ!里芋の定番おかずレシピ3選

9月ごろから旬を迎える里芋は、秋の味覚としていろいろな料理に取り入れたい野菜。里芋はコクと旨味が特徴的で、ひと手間加えることでさらに旨味がUP!冷凍保存もでき常備も可能。今回は、里芋を使ったレシピを紹介します。

里芋の皮むき、下ごしらえのポイント

この記事は、毎日の生活を野菜で楽しく、 カゴメが運営する野菜専門メディア「VEGEDAY」の提供でお送りします。
里芋はできるだけ泥付きのものを選び、調理の際に洗って泥を落として皮をむきます。ぬめりを抑えるには、洗ったあとに乾かしてから皮をむくのがコツ。冷凍保存もでき、冷凍した里芋は凍ったまま調理できます。

里芋の定番の煮物と、主役おかずレシピ

ひと手間加えれば里芋のおいしさがアップ。煮る前に電子レンジで温めておくと、早く煮えて、味もよくしみ込みます。

里芋のゴロゴロ煮っころがし

ホクホクモチモチした仕上がりが魅力!   
材料
・里芋:300g
・だし汁:1と1/2カップ
・黄柚子:適量

[A]   
・酒:大さじ2
・醤油:大さじ2
・みりん:大さじ1
・砂糖:大さじ3
1. 里芋はたわしでよく洗い、上下を切り落として皮を縦にむき、耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジ600Wで2分~2分半ほど、加熱する。
2. 鍋に1とだし汁、Aを入れて、落としぶたをして煮込む。
3. 煮汁が少なくなり、里芋がやわらかく煮えてきたら、里芋を転がすように鍋をゆすり、煮詰めて照りよく仕上げる。
4. 3を器に盛り付け、黄柚子の皮をすりおろして、上からちらす。

根菜のみぞれ煮

素揚げすることでうまみを閉じ込め、ボリュームもたっぷり。   
材料(4人分)   
・里芋(大):5個
・れんこん:200g
・かぼちゃ:300g
・小松菜:1束
・大根:300g
・鶏むね肉:250g
・揚げ油:適量
・小麦粉:適量

[A]   
・だし汁:2カップ
・醤油:大さじ3
・酒:大さじ1
・砂糖:大さじ1
1. 里芋は皮をむき、大きめの乱切りにする。れんこんとかぼちゃは1cm厚さに切る。鶏むね肉はそぎ切りにして小麦粉をまぶしておく。
2. 大根はすりおろしておく。小松菜は茹でて3cm幅に切る。
3. 鍋に油を入れて160℃に熱し、里芋とれんこん、かぼちゃを素揚げして取り出す。油の温度を170℃に上げて鶏むね肉も素揚げする。
4. 別の鍋にAと大根おろしを入れて、煮立ててあくを取り、3を加えてしばらく煮て味を含ませる。
5. 器に小松菜と4を盛り付け、残った煮汁をかける。
ホクホク、もっちりとした食感の里芋を、いろいろな料理で試してみてください。   
提供元:

特集

SPECIAL CONTENTS