5. しいたけに醤油をたらす

Photo by つくり子

フタをとったら最後の仕上げに醤油をたらします。大切なポイントは、しいたけの内側から出てきた旨味の出汁を外にこぼさないこと!なので、お醤油を入れるこの工程はお皿に盛り付けた後でもOKです。

6. 旨味がつまった出汁と一緒に口の中へ

Photo by つくり子

食べる時のコツは、しいたけの出汁をこぼさないように口に入れるのがポイントです♪じゅわっとおいしさが広がり鼻から良い香りがぬけます。小籠包のようですね!

7. 切った軸も添えて

Photo by つくり子

傘から切った軸は石づきの部分を取って、余すことなく使います。ごま油と塩コショウで炒めて、仕上げに七味をかけるとお酒のツマミにぴったり♪ やみつきで止まりません。

作るときのコツ

焼く時に軸の部分を上にする、焼きすぎないというコツ以外は特になく、とても簡単なレシピだと思います♪ しかし、もっとおいしいしいたけステーキが食べたい!という時にポイントとなるのは、おいしい「しいたけの見分け方」です。 鮮度が良いしいたけは、傘の内側が比較的白色に近いものを選ぶ。鮮度が悪くなると、茶色っぽくなってきます。そして、軸が太くて短いものが肉厚でしっかりした旨味があるんです。新鮮なしいたけは、ただ焼いて塩コショウするだけでも十分おいしい♪

しいたけステーキの人気アレンジ3選

1. しいたけのチーズ焼き

チーズとしいたけ!この組み合わせも間違いないですよね♪ こちらのレシピではトースターで焼くだけなのでとてもお手軽です。フライパンにお鍋にと家のコンロを使っていても、トースータでもういっぴん作れるので夕飯のおかずの足しにもいいですよね。

2. 椎茸のグリル焼き(大葉・チーズ・金胡麻)

大葉やモッツァレラチーズなど具沢山のしいたけステーキも、 魚焼きグリルを使えばまるでピザのような仕上がりに! これならダイエット中の人にもオススメですし、お子様にも人気のおかずになりそうです。

編集部のおすすめ