小さくてかわいい!ホタルイカの旬&おすすめレシピ4選

春になると鮮魚売り場に多く並ぶ、小さなイカ「ホタルイカ」。その特徴や旬の時期、産地とは。おいしいホタルイカの選び方やおすすめの食べ方に併せて、アレンジレシピ4選をご紹介します。和え物のほか、唐揚げやパスタも登場しますよ。

2019年2月21日 更新

ホタルイカとは

ホタルイカは、全身が青白く光る小型のイカです。産まれてわずか1年で成熟、交接、産卵してその生涯を閉じてしまうんです。

日本海を中心に日本周辺の海に分布していて、水深200mから600mほどの深い海に生息しています。産卵は各地で一年を通してあり、日暮れから30mから100mの浅瀬に来て行われます。群れを成して海面近くまで上がってきますが、その際、海面が光り輝いて見られるのが特徴です。

旬と産地

おいしい旬

一年を通して水揚げされるホタルイカですが、漁獲量がもっとも多い兵庫県では3月から4月に最盛期を迎え、富山湾での最盛期は4月から5月初旬ごろとなります。おいしい旬は春とされていて、一般市場では「春の風物詩」としても有名です。身入りもよく、ゆでてもやわらかいうえ、内臓部分に旨みがあり、身にもほどよい甘みがあります。

主な産地

主な産地としては兵庫県、富山県、鳥取県、福井県など日本海側の地域が挙がります。なかでも富山湾で獲れるホタルイカは、ひと昔前までは特産ともされていたほどの名物で、全国的にも有名です。産地で水揚げ後、すぐにゆでられたものが全国に流通します。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう