休日ブランチに作りたい。簡単おいしいパスタレシピ5選

編集部公認のクリエーターチーム「macaroniレシピ部」が考案したなかから、パスタのレシピをご紹介します。お家でゆっくり過ごしたい週末のランチは、いつもより少しおしゃれなパスタでお店にいるような気分を楽しんでみては?今回は、おいしくて見栄えのするアレンジレシピを集めました。

2019年2月2日 更新

和えたり乗せたり、アレンジ自在のパスタレシピ

1. トマトの濃厚な旨み、ツナとケッパーのトマトソースパスタ

ツナ、ケッパー、トマトピューレ、パスタの4つで作れるお手軽レシピ。フライパンでツナをサッと炒め、ケッパーと白ワインを入れてしっかりアルコールを飛ばします。トマトピューレなどを加え、煮詰めてパスタと和えて完成。

ツナやケッパーを白ワインで一度煮ることで、うまみを引き出します。お好みで粉チーズやパセリをトッピングしてもおすすめです。

2. 濃厚クリームがくせになる、ズッキーニとベーコンのチーズパスタ

フライパンでベーコンを炒め、白ワインを入れてアルコールを飛ばします。粗熱をとって生クリームを加え、ふつふつと沸いたらチーズを溶かします。茹で汁1〜2杯をチーズクリームソースに入れ、茹で上がったパスタと素揚げにしたズッキーニを加えて絡めれば完成。

ズッキーニはスライサーを使うと薄さが均一になり、ソースにも絡みやすくなります。ソースは分離しないように、弱中火で絶えずかき混ぜながら沸騰させないように気をつけてくださいね。

3. ジューシーに焼いたパプリカとアンチョビのオイルパスタ

にんにくの香りが立ったフライパンに大きめのひと口大にカットしたパプリカを入れます。焼き色がついたらアンチョビを加え、白ワインを加えてアルコールを飛ばします。茹で汁を入れて乳化させ、パスタと和えて完成です。味つけは最後に塩とブラックペッパーで調整しましょう。

パプリカをじっくり焼くことで甘みが出ます。アンチョビに味がしっかりついているので、味見をしてから最後の味つけをしてくださいね。

4. だし汁じゅんわり、なすの揚げ浸し和風パスタ

素揚げしたなすを熱々のままだし汁に浸け、粗熱をとります。茹で上がったパスタにだし汁を2杯分ほど入れ、サッと和えてお皿に盛りつけます。揚げ浸しにしたなすを乗せ、大根おろし、みょうが、大葉などの薬味をトッピングして完成です。

まさに和洋のコラボレーション。揚げ浸しの煮汁はコクもあり、おいしさが増します。写真のようにお箸でいただくのもいいですね。

5. こっくり濃厚、鮭と舞茸の豆乳クリームパスタ

焼き鮭と舞茸をたっぷり使った豆乳クリームパスタ。あらかじめ具材を炒めているときに薄力粉をまぶすので、豆乳を加えたときダマになりにくくとろみがつきます。豆乳は沸騰すると分離してしまうので気をつけましょう。

濃厚なクリームソースなので太めのパスタやフェットチーネでつくると、ソースが絡んでよりおいしく仕上がります。

週末はおうちでレストラン気分を味わおう

今回ご紹介したのは、ふつうのスーパーで手に入る食材を使ったレシピばかり。にもかかわらず、小じゃれたレストランのパスタにも見えます。

盛りつけやトッピングひとつでも仕上がりは変わるので、時間に余裕があるときにぜひ挑戦してみてくださいね。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroniレシピ部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう