ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にや…もっとみる

パスタの保存どうしてる?

ゆでるだけでパパッと調理ができ、さまざまなテイストのソースでバラエティ豊かに楽しめるパスタ。あるもので簡単に済ませたいときに重宝しますよね。比較的長持ちする乾麺だけでなく、モチモチとした食感が人気の生パスタなどパスタと言ってもその種類はさまざま。

開封後にパスタが少し残ったときや調理済みのパスタが余った場合、みなさんはどのように保存していますか。調理後は保存が効かないイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?

開封後は、密閉容器で保存!

乾麺のパスタを保存する際は、完全に密閉できる容器に入れて常温保存しましょう。開封済みの袋の口をゴムで留めるだけや保存容器が密閉できていない場合、隙間から虫が入ることがあります。必ず密閉できる容器で保存するようにしてください。

数日で食べ切るなら、乾麺のまま保存するのではなく、一度ゆでたものを冷凍保存する方法もありますよ。短期間であれば食べる際の準備時間を大幅に短縮できるため、大変便利です。(※1)

パスタを冷蔵保存するには

一度ゆでたパスタは、保存できないと思っている方が多いかもしれません。しかし、ポイントをおさえて冷蔵保存すれば、翌日までおいしく食べることができますよ。ゆでたあとのパスタの適切な保存方法を解説します。

ゆでたパスタ

パスタをゆでたあとに冷蔵庫で保存する場合は、伸びてしまうのを防ぐため、アルデンテの状態でゆで上げます。しっかりと湯切りしてからパスタにオリーブオイルやサラダ油を絡め、保存容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。

皿にパスタを盛ったまま保存する場合は、ラップをぴったりとかけて、空気に触れないようにすることが大切。オイル成分を絡めておくことで、水分が逃げ出さずおいしく食べられますよ。

ソースに絡めたパスタ

ゆでたあと、ソースをしっかり絡めてから冷蔵庫で保存すると、おいしさを保つことができます。オイル同様、ソースがパスタの表面に絡み水分の蒸発を防いでくれるため。ソースを絡めたパスタも、できるだけ空気に触れないようにして冷蔵保存をしましょう。

保存期間

ゆでたパスタを冷蔵保存する場合、早めに食べるのがおすすめ。保存期間の目安は1日程度。それ以上になると口当たりが悪くなり、食感はフニャフニャになります。特に食感を気にしない場合には、2〜3日程度は食べることができますよ
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ