ピーマン×もやしのごはんものレシピ4選

13. かさ増しOK!「もやしのオイスターチャーハン」

細かく刻んだ人参、ニラ、ピーマン、もやし、焼き豚を具材としたチャーハンです。オイスターソースで味付けをしているので中華風のチャーハンに!材料は細かく刻むのがポイントです。もやしは仕上げに入れることでシャキシャキ感を楽しむことができますよ。

14. お野菜たっぷり「ひき肉の野菜炒め丼」

ひき肉とお野菜を甘辛いタレで炒めたどんぶり弁当です。もやし、ピーマン、人参、玉ねぎ、キャベツなどお野菜がたっぷりと摂れるので、お弁当のおかずにぴったりですね。ゆで卵をのせて彩りもプラス!これだけで栄養満点お腹もいっぱいになりそうです。

15. 塩鮭で簡単に作れる「鮭のピリ辛丼」

塩鮭とピーマン、玉ねぎ、もやしを炒め、豆板醤をベースとした調味料とだし汁を加えて煮ればできあがり。ご飯にバターをのせてから具材をのせるのがポイント!豆板醤の辛さともよく合います。塩鮭を冷凍しておけばご自宅にあるお野菜でいつでもつくれます。

16. 韓国風「焼きビビンバ風醤油麹コチュジャンソース」

こちらはフライパンひとつでできるお手軽メニューです。まずはごま油でご飯を炒め、ピーマン、もやし、小松菜、わかめのナムルをたっぷりと盛り付けます。仕上げに温泉たまごをのせればできあがり。男性には甘辛く炒めたお肉をプラスしてボリュームUPしてもいいですね。

お助け食材のもやしとピーマンが大活躍!

もやしとピーマンを使ったレシピをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?もやしとピーマンはスーパーで簡単に手に入る食材ですので、いろいろなレシピを覚えておくと活用できて便利ですね。 ピーマンはちょっと苦手という方は、みじん切りや細目に切ったり味つけを濃い目にすると意外と食べやすくなりますよ!どのレシピも苦手な方でもおいしくいただけるメニューばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。
▼ピーマンの保存方法はこちら
▼もやしの保存方法はこちら
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ