ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

究極の旨み食材「昆布」で昆布締め

和食が世界で注目され、"UMAMI(旨み)"や"DASHI(出汁)"も世界で広く認識されるようになってきました。 出汁を取る以外にも、日本に古くから伝わる昆布を使った調理法が「昆布締め」。食材を昆布で包み、時間をかけて旨みを含ませることで、素材本来の味を生かしつつ、さらに上質な味わいに変化させる技法です。 今回は、家にある材料で簡単にできる、変わり種昆布巻をご紹介します。

「半熟卵の昆布〆」の作り方

まずはどこのご家庭にもある卵を使った、お手軽昆布締めからご紹介します。お弁当のおかずやおつまみにぴったりですよ♪

材料

・昆布…1~2枚 ・卵…お好みの量

下準備

卵は好みの固さにゆでて皮をむいて準備してください。

作り方

1. 昆布を戻します

Photo by muccinpurin

昆布をさっと水にくぐらせ、まな板などに広げてしばらく置いてやわらかく戻します。 水につけたままにすると旨みが溶け出し、戻しすぎる原因にもなるので水にくぐらせるだけで充分です。 昆布の厚さによって水分量・時間は多少異なります。しなやかになる程度まで時間を置きます。

2. 卵を包みます

Photo by muccinpurin

ラップを広げて昆布を並べ、ゆで卵を並べます。

Photo by muccinpurin

昆布で卵をくるりと包み、さらにラップを巻いて昆布と卵を密着させます。 このまま冷蔵庫でひと晩置きます。

特集

FEATURE CONTENTS