連載

【料理上手のお弁当 vol.9】ayumiさんの物語

「お弁当」づくりが得意なインスタグラマー100人でつなぐリレー連載。お弁当箱という限られた空間に、自分だけの小宇宙を表現する「料理上手」さんたち。今回は、毎日心をこめて愛妻弁当を作っているayumiさんのお弁当をご紹介いたします。

2019年2月4日 更新

今日の料理上手さん

今日の料理上手さん

@ayumi.kizakiさん

どこかほっとするような、着飾らないお弁当写真を投稿しているayumiさん。毎日のお弁当写真と同時に投稿している愛猫の投稿も、フォロワーから人気を博している。

だから、やっぱりお弁当が好き

だから、やっぱりお弁当が好き

Photo by @ayumi.kizaki

ーーお弁当づくりを好きになったきっかけや、できごとを教えてください。
「私の一日は、お弁当作りからはじまります。結婚したら愛妻弁当を作ってあげるのが夢だったので、早起きして台所に立ってきました。欠かすことのない夫の『美味しゅうございました』がなによりの労いとなり、その繰り返しでもうすぐ31年になります。

そして、そんな私たちの背中を見ていてくれたのか、娘も旦那さまに作ってあげているし、息子もお嫁ちゃんに作ってもらっています。息子は『美味しゅうございました』まで真似ているようです(笑)」

「お弁当」のこだわり、あれこれ

「お弁当」のこだわり、あれこれ

Photo by @ayumi.kizaki

ーー日々お弁当をつくるうえで、心がけていること、大切にしていることを教えてください。
「お弁当とは、白ごはんに梅干し..…がお決まりと思ってる昭和弁当世代の夫。パンや麺類にすることはありません。そして母の教えを守って、必ず朝炊いたごはんを詰めます。

美しい飾り付けはできませんし変わり映えもしませんが、メインを肉類・魚類と交互にし、魚類ではししゃも・塩鯖・鮭をよく使います。卵料理も少しずつ変えて一週間をやりくり。そして、冷めてもおいしいお惣菜で脇を埋めます。たま〜にお稲荷さんなんかして、頑張ってる振りもします(笑)」

たどり着いた、このひと箱

ーー愛用のお弁当箱を教えてください。

大館曲げわっぱ

大館曲げわっぱ

Photo by @ayumi.kizaki

「結婚当初はアルミの弁当箱を使っていました。曲げわっぱに憧れて、最初に購入したのが、『小判弁当・中サイズ』です。見た目が最高に好きですし、詰めやすくて気に入っています。夫は『はんごう二段曲げわっぱ』がいいとか……。理由は鞄が膨らまないからだそうです」

わたしにとっての名作劇場

ーーこれまでつくったなかで思い出に残っていたり、傑作だったりするお弁当はありますか?

お赤飯弁当

お赤飯弁当

Photo by @ayumi.kizaki

「誕生日や記念日は、お赤飯で祝います。これは、結婚記念日のお弁当です。朝は忘れていたとしても、お弁当箱を開けてお赤飯を見たら『あれ?今日は何の日だったかな?』と思い出すことになり、帰りにお花やケーキを抱えて帰ってきてくれるのです」

頼れるレギュラー選手たち

ーーお弁当づくりに欠かせない、定番のおかずを3つあげるとしたら?

大分名物“鶏めし”

大分名物“鶏めし”

Photo by @ayumi.kizaki

「鶏ももと牛蒡を、油と少量のニンニクで炒めて甘辛く煮ます。炊きたてごはん(水の量を少しだけ抑えたほうが◎)に混ぜるだけ。冷めてもおいしいのでお弁当には最適です。私はいつも、夜のうちに具を煮ておきます」

卵焼き

卵焼き

Photo by @ayumi.kizaki

「卵焼きはいろいろ試してみました。砂糖の量は食べる人の好みで調整しますが、ほかに塩と濃口醤油、最後に必ず水を入れます。冷めても口当たりがやわらかくなる気がしますし、焼いているときのお醤油の香ばしさが卵の臭みを消してくれるような気がして最近気に入ってます」

天むす

天むす

Photo by @ayumi.kizaki

「これもいろいろ試してきました(笑)。食べやすさを重視して、海老の尻尾を取って天ぷらにします。手塩の上にごはん半量を平たく敷き、大葉と醤油をまぶした鰹節を広げ、海老天をおいたら、残りのごはんをのせて軽く握り焼き海苔を巻きつけます。

『大葉は必須!醤油鰹節を広げる!』が私なりのささやかなポイントです」

「お弁当」をもっと楽しく

「お弁当」をもっと楽しく

Photo by @ayumi.kizaki

ーーお弁当づくりが苦手な方に、どうしたらお弁当づくりが楽しくなるか、アドバイスをお願いします。
「お弁当を“食べること”も私の楽しみのひとつなので、たまに置き弁を作ります。自分で食べてみると成功と失敗がよくわかります。たまにレシピを聞いてくる娘に、私はうまく答えることができません(笑)。

『自分で味見しながら自分の好きな味にすればいい』が口癖になりました。無理せず、気持ちだけてんこ盛りにすればおいしいお弁当ができるはずです」

今、気になる「料理上手さん」

今、気になる「料理上手さん」

@bento_shimadayaさん

ーー日頃参考にしている「お弁当」が得意な料理上手さんを教えてください。
「ひと目惚れしたのはもう5年も前になります。お弁当に美しく並べられたおかずはお行儀が良く、きれいなのに渋くて潔くて……。何度も何度も拍手を送りました。

卵焼きの中に透けて見える緑の三つ葉は特にあっぱれです。そして見ても読んでも、懐かしい想いに浸れる毎週金曜日の『#昭和弁当』!台所に立って作る姿を生で見てみたいほど私の理想のお弁当なのです」
次回は@bento_shimadayaさんに「お弁当」のこだわりを教えていただきます。どうぞお楽しみに♪

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

マカロニメイトニュース

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう