和食の基本「和風だし」の種類と使い方

みなさんは毎日のお味噌汁や煮物、麺類のだしを作るときにどんな和風だしを使っていますか?素材から時間をかけて煮出す取るものと市販の手軽なだしの素がたくさんありますね。毎日だしを取るのが困難な方は、上手に市販の和風だしの素を取り入れておいしい料理を作りましょう。

2019年1月26日 更新

煮干しだし

煮干しだしとはカタクチイワシが一般的ですが、違った種類のイワシやアジやサバなど、小魚を煮て干したものから取っただしです。関東では「煮干し」と呼びますが、関西では「いりこ」とも呼ばれます。

魚の香りと味が特徴的な煮干しだしは味噌とよく合うので、お味噌汁に使われることが多いだしです。そして、鍋や麺類、ごはんもの、煮物などいろんな料理で活躍します。

合わせだし

合わせだしとは、カツオだしと昆布だしを合わせただしのことで、ふたつのだしが合わさることで旨味が増します。

合わせだしの一番だしは色が澄み、味が濃厚で香り高いので、めんつゆやお吸い物におすすめ!そして二番だしは、雑味が強いので煮物などの使うといいでしょう。

和風だしの素の種類と使い方

顆粒タイプ

顆粒タイプのだしは、お湯に溶かすだけなので、ザルでこしたりだしとなる食材をひきあげたりという作業がありません。

そして煮出す時間も要らないので、料理に時間をかけることがむずかしい方には重宝します。また炒めものなどの味付けに、直接ふりかけてお好みの味に調整することができるのです。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

riku_mama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう