半熟派?固ゆで派?ゆで卵の最適なゆで時間

誰でもかんたんに作れるゆで卵。作り方がシンプルな分、自分好みのベストな固さに仕上げるのは意外にむずかしいものですよね。そこで今回は半じゅくや固ゆでのゆで時間や、水から作る時間とお湯から作る時間の差など、おいしいゆで卵を作る基本をご紹介していきます!

2019年1月30日 更新

水から作るゆで卵

半熟

ゆで卵を作るには、水から入れればいいか沸騰したお湯に入れればいいのか迷いますよね。冷蔵庫から出したばかりのゆで卵を水からゆでる場合、小さめのお鍋に卵がかぶるくらいの水を入れ、強火でゆでましょう。

7分で白身からはみ出るほどトロトロに、8から9分ほどでぷるぷるに、10分でかための半熟状態に仕上がります。常温の卵なら、5から8分でOK

固ゆで

冷蔵庫から出したばかりの卵を使う場合、11から12分ほどゆでてください。もっと時間を短縮させたいなら、常温にもどした卵を使いましょう。

室温が低くなかなか常温に戻らないようなら、水やぬるま湯をはったボウルなどにつけておくと早く戻りますよ。鍋に卵と水を入れたら、9分ほどで固ゆでに仕上がります

沸騰したお湯から作るゆで卵

1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

wasante

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう