ライター : wasante

2歳児をはじめとする、3児のママです。パクチーとココナッツとナンプラが大好きです♪

水から作るゆで卵

半熟

ゆで卵を作るには、水から入れればいいか沸騰したお湯に入れればいいのか迷いますよね。冷蔵庫から出したばかりのゆで卵を水からゆでる場合、小さめのお鍋に卵がかぶるくらいの水を入れ、強火でゆでましょう。 7分で白身からはみ出るほどトロトロに、8から9分ほどでぷるぷるに、10分でかための半熟状態に仕上がります。常温の卵なら、5から8分でOK

固ゆで

冷蔵庫から出したばかりの卵を使う場合、11から12分ほどゆでてください。もっと時間を短縮させたいなら、常温にもどした卵を使いましょう。 室温が低くなかなか常温に戻らないようなら、水やぬるま湯をはったボウルなどにつけておくと早く戻りますよ。鍋に卵と水を入れたら、9分ほどで固ゆでに仕上がります

沸騰したお湯から作るゆで卵

半熟

卵をお湯からゆでるなら、水を沸かしている間に卵を冷蔵庫から出して常温に戻しておくのがオススメです。常温に戻しておけば、ゆでるときの温度変化が少なくてすみカラにヒビが入ることを防げます。 沸騰したお湯にさらに塩を加えると、万が一殻にヒビが入っても白身が流れ出ないですみますよ。ゆで時間は、6から10分が目安。お好みの半じゅく具合に仕上げてください。

固ゆで

しっかりと固ゆでに仕上げたいなら12分はゆでましょう。冷蔵庫から出したばかりの卵なら、14分以上かかります。 ちなみに水の量ですが、片手鍋なら卵1個~2個で1L。3個~4個では2Lくらいが適量です。目安は卵がかぶるくらいの量になります。少ない水でゆでる場合には、フタをするとよいでしょう。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS