「亜麻仁油」ってどんなオイルなの?おすすめ商品5選

おすすめの亜麻仁油5選をご紹介しますよ。最近テレビや雑誌でもよく聞く「亜麻仁油」というもの、一体どんな油なのかご存知でしょうか。その特徴や味わいとは?成分やとり入れ方、摂取する上での注意点などを解説します。

2019年1月31日 更新

亜麻仁油とは

亜麻(英名:フラックス FLAX)という一年草の種からとれるのが「亜麻仁油(あまにゆ)」です。亜麻は人類がはじめて栽培した植物のひとつと言われていて、日本ではこの種が、江戸時代から薬として使われていたのだとか。寒い地域での栽培が適していて、現在ではその多くがカナダで栽培されています。

亜麻仁油には豊富な栄養成分が含まれているとされ、現在世界中で注目されている食用油なのです。

亜麻仁油の成分

亜麻仁油は、栄養学の観点からも摂取すべきとされる必須脂肪酸に該当するオメガ3脂肪酸の「αリノレン酸」が豊富に含まれると注目を集めています。この含有率は100種類をも超える植物油脂のなかでもトップ3に入る多さなのだとか。また食物繊維に関して、水溶性と不溶性がバランスよく含まれているのも大きな特徴なんです。

亜麻仁油の食べ方

亜麻仁油の味わいにはわずかなクセはありますが、野菜や果物と相性のいい植物油です。いつものサラダや、カルパッチョ、カプレーゼにかけてそのままいただきましょう。アボカドに垂らしてスプーンですくっていただくのもおすすめですよ◎

そのほか、EXバージンオリーブオイルを使う要領でさまざまなものに使ってみましょう。パンにつけたり、スープの仕上げに垂らしたり、ヨーグルトやアイスに垂らす裏技も人気なようです♪

摂取する上での注意点

亜麻仁油の特徴をよく知って、効果的な摂取方法を抑えておきましょう。

・亜麻仁油は酸化しやすいので、光を通さない遮光ボトルで保存します。
・発煙温度を高めたものでない限り、基本的に生のまま火を通さずに摂取しましょう。
・1日あたりの摂取量の目安は5g。過剰な摂取は避けましょう。
・亜麻仁油だけを飲むのではなく、食べ物と一緒に摂取することが好ましいと考えられています。

亜麻仁油のおすすめ5選

1. 初めての方にもおすすめ「日本製粉 アマニ油」

味わいにわずかなクセがあることが多い亜麻仁油ですが、こちらの商品はクセがなく、初めての方でもすんなりと始められるのではないでしょうか。サラダのほか、お味噌汁に入れて飲む方も多いのだとか。

2. 一番搾り◎「紅花食品 亜麻仁一番搾り」

数ある亜麻仁油の中でも“一番搾り”を謳ったこちらの商品は、ニュージーランド産の亜麻仁を中心に使った商品です。ニュージーランドでは国全体で遺伝子組み換え作物の栽培が禁止されています。苦みは強めですが、生のキャベツにかけて食べると苦みが和らぐようです。もちろん、無添加、無精製で作られています。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう