ライター : ヤマモトマコ

製菓衛生士・現役パティシエール

パティシエールとして菓子作りや商品開発に従事しています。数年前に一念発起し進学した大学院で、自分の考えや知識をシェアする大切さを実感。その後ライター業を開始しました。現役パ…もっとみる

ホテル風の仕上がり!ふわふわフレンチトーストのレシピ

Photo by ヤマモトマコ

調理時間:20分

ふわふわのホテル風絶品フレンチトーストは、実はおうちでも簡単に作れるんです!この記事では、見た目も味もワンランク上に仕上がるフレンチトーストの作り方を、現役のパティシエールが解説します。

シンプルな食材でも、作り方のコツやポイントを押さえるだけでプロ級の仕上がりに。食パン1枚分のレシピなので、卵液を余らせる心配もありません♪

コツ・ポイント

ひと晩つけたほうがおいしくなる?

さっとつけ込むフレンチトーストの良さは、トロッと感とパン本来の食感の両方が楽しめることです。一方、ひと晩つけ込むものは卵液がしっかりパンに染み込み、トロふわ感がアップ!さらにおいしく仕上がります。今回は前者で作りますが、お好みによって作り分けてみてください。

食パンは何枚切りがおすすめ?

ふわふわした食感に仕上げるなら、断然4枚切りがおすすめ。厚みの分だけ食パンがたっぷり卵液を吸い込み、やわらかな食感を楽しめます。

もし薄切り食パンを使うなら、思い切って2枚重ねで焼いてみてください。厚切りで作るときのように、中がトロッとふわふわになりますよ。

短時間でしっかり染み込むコツは?

卵液に加える牛乳を、60℃程度に温めましょう。温かい卵液はパンに吸収されやすく、短時間でひと晩つけ込んだような仕上がりに。見た目もふっくら感が損なわれず、おすすめです。

パンをレンジで温める方法もありますが、温めすぎるとパンがペタンコになるので注意してくださいね。

リッチな味わいにするには?

ホテル風のリッチな味わいにする秘訣は、コクや香りが豊かな食材を加えること。この記事ではきび砂糖ラム酒を使用します。 どちらもサトウキビから作られている食材で、豊かな香りや深いコクをプラスしてくれますよ。

見た目もプロ級に仕上げたい!

きれいな焼き目のフレンチトーストを目指すなら、食パンの耳は思い切ってカットしましょう。耳付きパンは、どうしてもでっぱった耳の部分ばかりが焼けてしまいます。そのため、全体が均一に焼けず、仕上がりがイマイチになってしまうことも……。

耳を落とせば、きれいな焼き目のフレンチトーストに仕上がります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ